京都マルイ、9月2日・3日に「農福 ノウフクマルシェ」を開催

植物工場IT活用事例セミナー

 京都マルイは、9月2日(土)、3日(日)の2日間、1F店頭において、「農」と「福祉」の連携によってできた農作物の展示・即売会「ノウフクマルシェ」を開催する。

京都マルイ、9月2日・3日に「農福 ノウフクマルシェ」を開催
《ノウフクマルシェとは》
ノウフクマルシェは、「農」と「福祉」の連携によってできた農作物の展示・即売会です。障がいのあるつくり手たちが、丁寧に育んだ生鮮野菜や加工品を販売。全国の障がい者就労事業所での取組み事例も紹介します。

「農」と「福祉」の連携は、農業従事者の減少や耕作放棄地の増加などの課題に対して、障がい者が農業に関わることで補うとともに、障がい者にとっては、就業機会の確保や収入の増加につながるもので、「農」と「福祉」が連携することで、それぞれの課題解決につながっています。

また、農福連携は新しい事業や地域コミュニティを育み、その可能性の幅を広げています。

「ノウフクマルシェ」は、そんな「農」と「福祉」の連携で生まれた、高品質な地域の農産物や加工品を広く皆さんにご紹介し、ご購入していただくための市場です。ノウフクにふれ、おいしい逸品に出会える機会をお楽しみください。

《イベント概要》
開催日時:9月2日(土)、3日(日) 10:30~20:30
開催場所:京都マルイ 1F 店頭(四条通り側)