グリーンと暮らす「まちなかジーヴォ」を公開。人と緑が共存する新しい暮らし方を提案

植物工場IT活用事例セミナー

 大和ハウス工業株式会社は、全国展開しているフラワーショップ 青山フラワーマーケットを運営する株式会社パーク・コーポレーションの空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)」と同社の地域密着型のオープンハウス「まちなかジーヴォ」のコラボレーションによる「グリーンと暮らすまちなかジーヴォ」(千葉県流山市)を、2017年8月10日より一般公開する。

グリーンと暮らす「まちなかジーヴォ」を公開。人と緑が共存する新しい暮らし方を提案
「花や緑のある生活に関する意識調査」(※1)によると、「花や緑のある生活」を実践している方を対象に、自宅に花や緑を取り入れた理由を調査したところ、「リラックスしたい、癒されたい」「心豊かな暮らしをしたい」など心理的効果や心の充足感などの要素が上位を占めていることが分かりました。

また、40歳以上の男女のうち、約半数が「花や緑のある生活」をしたいと回答しており、男女・年齢を問わず花や植物に対するニーズが見られました。

そこで当社では、グリーンを使った空間デザインを行う「parkERs(パーカーズ)」とともに、植物と自然な触れ合いを通して、人と緑が共存する新しい暮らし方を提案することとしました。

入居後に花や緑を飾るのではなく、その部屋でどのように植物と触れ合って過ごすかをあらかじめ考え、五感を刺激する空間作りをすることで、人の心を豊かにするライフスタイルを提案します。

※1.インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチ「DIMSDRIVE」実施のアンケート「『ガーデニング』に関するアンケート」より。調査期間は、2017年1月11日~1月27日、DIMSDRIVEモニター3,573人が回答。


●提案ポイント①「グリーンシャンデリア」のあるダイニング
グリーンと暮らす「まちなかジーヴォ」を公開。人と緑が共存する新しい暮らし方を提案ダイニングには、「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」の特長である2.72mの天井高を活かし、照明と観葉植物を一体化した「グリーンシャンデリア」を提案しました。

高い位置にグリーンを設けることで、日常的に視界に入り、居心地の良い空間を作ることができます。また、キッチンに家庭菜園を設置すれば、ハーブなど採れたての自家栽培野菜を味わうこともできます。


●提案ポイント②自然の中にいるようなリビング
リビングに配置したソファの横には「サイドプランター」、背面の飾り棚には観葉植物を設置します。さらに、プランターを組み込んだ「ローテーブル」を置くことで、リビング全体に植物があり、自然の中にいるような空間を演出しました。
また、一輪挿し用のスペースを加えた「ローテーブル」は、気軽に季節の草花を楽しむことができます。


●提案ポイント③自然をより身近に感じるテラス
ダイニングとテラスを大開口の窓でつなぐ間取りは、グリーンを感じながらホームパーティーやバーベキューを楽しむことができます。

また、テラスに設けたベンチとコンテナ(※2)を一体化させたことで、座りながら植物を眺めることができ、より身近に自然を感じることができます。木々が風になびく音や植物の香りは、心に安らぎを与え、癒しの空間を作ります。
※2.内部に物を納めるための容器


●「グリーンと暮らすまちなかジーヴォ」概要
所在地:千葉県流山市十太夫流山都市計画区域一体型
    特定土地区画整理事業区域内C107街区4画地の一部
交通:つくばエクスプレス「流山おおたかの森」駅徒歩7分、東武鉄道野田線「流山おおたかの森」駅徒歩7分
構造:軽量鉄骨造2階建て
敷地面積:138.06㎡(41.76坪)
延床面積:124.08㎡(37.53坪)
間取り:3LDK
販売価格:6,980万円(税込み)


●「parkERs(パーカーズ)」について
青山フラワーマーケットの空間デザイン事業部として2013年7月設立。「LivingWith Flowers Everyday」というコンセプトのもと、花と緑に囲まれた「場」を提供する部門として、グリーンを駆使した空間デザイン事業を展開。

花屋ならではの感性を生かした花やグリーンの「魅せ方」、機能的なデザイン、メンテナンスまでのトータルプロデュースが好評を博し、羽田空港「ANA SUITE LOUNGE」など多くのプロデュース実績を持っています。
■URL http://www.park-ers.com/