規格外野菜を外食用として販売、利益拡大を目指す(JA梨北)

JA梨北の直売所(HPより)

正規のルートとして市場に出荷できる野菜の規格は厳しい(サイズや色、形など)。そこで注目されているのが「規格外野菜」である。毎年恒例の2009年度ヒット商品番付にて「規格外野菜」が関脇にランク付けされていたが、最近では別コーナーを設けて「規格外野菜」を販売しているスーパーも多く見かける
 
 
しかし、あまりにも形が悪い野菜は一般消費者向けに「規格外野菜」として販売することはできない。例えば、味は美味しいが、あまりにも元気良く育ちすぎて巨大化してしまった野菜たちの活用方法として以下の2つが考えられる。
 
 
(1)外食産業向け
(2)加工品として販売(自社製造、もしくは他社に依頼など)

 
 
上記の(1)外食産業向けとして、梨北農業協同組合(JA梨北)は外食店運営企業のリパブリックに、一般的な「規格外野菜」としても売れ残った野菜の販売をスタートした。
 
 
JA梨北では、契約農家契約(35戸程度)を通じて、可能な限り農薬・化学肥料の使用を抑えた野菜を生産し、伊藤忠商事を通じて外食チェーンなどに卸している。こうした正規ルートから外れた「規格外野菜」は、併設された直売所などを通じて販売していたが、それでも売れなかった野菜は廃棄されていた
 
 
今回は、こうした廃棄されていた野菜を「アウトレット野菜」と名付けて、リパブリックの子会社であるベジタブル・ラウンジ(食品製造子会社)が市場の5割程度の価格で、全量買い取る(ホウレンソウや玉ねぎ、カブ、トマト、レタスなどの野菜を買い取る計画)。
 
 
ベジタブル・ラウンジは、買い取った野菜を加工して、親会社であるリパブリックが関東地方で運営する炭火・串焼きの「横浜天下鳥」など約60の飲食店に卸すという。
 
 
元気よく育ちすぎて巨大化した野菜、大きく傷が付いてしまった野菜は、たとえ味が美味しくても一般消費者向けに「規格外野菜」として販売できないケースが多い
 
 
こうした野菜は廃棄するよりも自社、または外食企業などを通じて、加工食品としてカット・調理された形で提供する方法があるだろう。加工された形であれば、野菜の見た目は関係なくなるからだ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  2. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  6. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  9. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
ページ上部へ戻る