規格外野菜を外食用として販売、利益拡大を目指す(JA梨北)

JA梨北の直売所(HPより)

正規のルートとして市場に出荷できる野菜の規格は厳しい(サイズや色、形など)。そこで注目されているのが「規格外野菜」である。毎年恒例の2009年度ヒット商品番付にて「規格外野菜」が関脇にランク付けされていたが、最近では別コーナーを設けて「規格外野菜」を販売しているスーパーも多く見かける
 
 
しかし、あまりにも形が悪い野菜は一般消費者向けに「規格外野菜」として販売することはできない。例えば、味は美味しいが、あまりにも元気良く育ちすぎて巨大化してしまった野菜たちの活用方法として以下の2つが考えられる。
 
 
(1)外食産業向け
(2)加工品として販売(自社製造、もしくは他社に依頼など)

 
 
上記の(1)外食産業向けとして、梨北農業協同組合(JA梨北)は外食店運営企業のリパブリックに、一般的な「規格外野菜」としても売れ残った野菜の販売をスタートした。
 
 
JA梨北では、契約農家契約(35戸程度)を通じて、可能な限り農薬・化学肥料の使用を抑えた野菜を生産し、伊藤忠商事を通じて外食チェーンなどに卸している。こうした正規ルートから外れた「規格外野菜」は、併設された直売所などを通じて販売していたが、それでも売れなかった野菜は廃棄されていた
 
 
今回は、こうした廃棄されていた野菜を「アウトレット野菜」と名付けて、リパブリックの子会社であるベジタブル・ラウンジ(食品製造子会社)が市場の5割程度の価格で、全量買い取る(ホウレンソウや玉ねぎ、カブ、トマト、レタスなどの野菜を買い取る計画)。
 
 
ベジタブル・ラウンジは、買い取った野菜を加工して、親会社であるリパブリックが関東地方で運営する炭火・串焼きの「横浜天下鳥」など約60の飲食店に卸すという。
 
 
元気よく育ちすぎて巨大化した野菜、大きく傷が付いてしまった野菜は、たとえ味が美味しくても一般消費者向けに「規格外野菜」として販売できないケースが多い
 
 
こうした野菜は廃棄するよりも自社、または外食企業などを通じて、加工食品としてカット・調理された形で提供する方法があるだろう。加工された形であれば、野菜の見た目は関係なくなるからだ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  4. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  7. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
ページ上部へ戻る