村上農園、植物工場産「ブロッコリー スーパースプラウト」の生産能力を1.7倍に増強

植物工場IT活用事例セミナー

 株式会社村上農園は、ブロッコリー スーパースプラウトの需要の拡大に対応するため、8月1日より生産能力を1.7倍に増強しました。また、今夏より当商品の新CMも公開。7月11日より順次放映しています。

村上農園、植物工場産「ブロッコリー スーパースプラウト」の生産能力を1.7倍に増強
 ブロッコリー スーパースプラウトは、有用成分「スルフォラファン」の含有量を一般的な成熟ブロッコリーの20倍以上に高めた高成分野菜です。2001年の発売以降、健康意識の高いお客さまに継続的に支持され、ロングセラー商品になっています。

特に近年は、スルフォラファンの肥満抑制効果に関する研究論文が発表されたことなどを背景に、ブロッコリー スーパースプラウトの需要が拡大。昨年度の出荷量は約700トンで、2013年度の約230トンと比較すると3年で3倍に急増しました(図2)。

フル生産にもかかわらず品薄状態となり、お客さまに十分に提供できない状況であったことから、生産施設である大井川生産センターの栽培設備を拡充し、生産能力を1.7倍に増強。当商品を支持してくださるお客さまの期待にお応えできるよう増産に努めてまいります。

村上農園、植物工場産「ブロッコリー スーパースプラウト」の生産能力を1.7倍に増強図2:ブロッコリー スーパースプラウトの出荷量推移図2:ブロッコリー スーパースプラウトの出荷量推移


新CMも放映開始
 生産能力の増強に際し、より多くのお客さまにブロッコリー スーパースプラウトとブロッコリー スプラウトを知っていただくため、新CMの放映を7月11日からスタートさせました。

村上農園のCMとしては今回初めて生産現場(大井川生産センター)を公開。クリーンな環境で厳しい成分品質基準の下、当商品が生産されていることを伝えています。

また、当商品を開発した研究者の一人である、米国ジョンズ・ホプキンス大学医学部のジェド・ファへイ博士にもご協力いただき、開発者から生産者(村上農園)へ、そしてお客さまへと当商品が大切に受け渡されていく様子をCMのストーリーとしました。
新CMは、村上農園ウェブサイトでご覧いただけます(http://www.murakamifarm.com/about/)。