小型化・簡素化した教育向け植物工場/水耕栽培キットの開発・販売へ(安永/日新インダストリー)

小型化・簡素化した植物工場の開発・販売が相次ぐ中、自動車部品製造の安永や電子基板の実装事業を行う日新インダストリーでは、価格も安い教育向けの水耕栽培キットを発売する予定である。日新インダストリーの製品は2万円での販売を計画

 

  • 製造業の技術を農業へ応用、小型の水耕栽培キットを発売<株式会社安永>
    自動車部品製造の(株)安永は、グループ企業の安永エアーポンプが製造販売しているエアーポンプを使用し、水耕栽培技術を保有する(株)夢農会との共同開発による「小型・植物工場」を発売する予定。水を循環させ、植物の根に酸素を多く届けることができ、コマツナやホウレンソウ、ミズナなどの栽培に適しているという。
    また今回の発売にあたり、伊賀市教育委員会に30台寄贈しており、今後は教育向けを中心に普及させていく計画である。
  •  
     

  • 教育向けの小型植物工場を開発<日新インダストリー>
    教育向けの小型植物工場を開発<日新インダストリー>
    電子基板の実装事業を手掛けるメーカーである、(株)日新インダストリーは、大阪府立佐野工科高校と産学連携し、2万円と安価な小型植物工場を開発した(レタスやベビーリーフ、ハーブ類などを数週間で栽培可能)。
     
    「売り上げを狙う商品ではなく、小中学校の理科教育に活用してもらうのが目的」(溝口社長)のため、原料費とほぼ同額の低価格に設定した。月内にも10台を製造し、関西の小中学校へ無料で貸し出す方針。コスト削減のため、部材に発泡スチロールなどを使用。構造も通常の植物工場に比べて簡素化した。
     
    装置は佐野工科高校の山田啓次教諭が製作した試作機をたたき台にして、日新インダストリーが製造した。電子レンジよりも一回り大きいサイズで、光源には価格の高い発光ダイオード(LED)ではなく、蛍光灯を使用装置内に温度計を取り付け、一定以上に温度が上昇するとファンが回り、温度を下げる仕組みにした
     
    無償貸与を通じ活用状況を調査した後、教育機関などに発売する計画。「教材として広く普及させたい」との山田教諭の考えもあり、価格は2万円に設定する見通し。溝口社長は「農業もモノづくりも、基本は一緒。子供の理科離れが加速するなか、教育の質の向上に役立ててもらえたら」と普及を期待している。日新インダストリーの本業は電子基板の実装事業など。2010年1月期の売上高は約60億円。<日刊工業新聞より>
  •  
     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  2. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
ページ上部へ戻る