小型化・簡素化した教育向け植物工場/水耕栽培キットの開発・販売へ(安永/日新インダストリー)

小型化・簡素化した植物工場の開発・販売が相次ぐ中、自動車部品製造の安永や電子基板の実装事業を行う日新インダストリーでは、価格も安い教育向けの水耕栽培キットを発売する予定である。日新インダストリーの製品は2万円での販売を計画

 

  • 製造業の技術を農業へ応用、小型の水耕栽培キットを発売<株式会社安永>
    自動車部品製造の(株)安永は、グループ企業の安永エアーポンプが製造販売しているエアーポンプを使用し、水耕栽培技術を保有する(株)夢農会との共同開発による「小型・植物工場」を発売する予定。水を循環させ、植物の根に酸素を多く届けることができ、コマツナやホウレンソウ、ミズナなどの栽培に適しているという。
    また今回の発売にあたり、伊賀市教育委員会に30台寄贈しており、今後は教育向けを中心に普及させていく計画である。
  •  
     

  • 教育向けの小型植物工場を開発<日新インダストリー>
    教育向けの小型植物工場を開発<日新インダストリー>
    電子基板の実装事業を手掛けるメーカーである、(株)日新インダストリーは、大阪府立佐野工科高校と産学連携し、2万円と安価な小型植物工場を開発した(レタスやベビーリーフ、ハーブ類などを数週間で栽培可能)。
     
    「売り上げを狙う商品ではなく、小中学校の理科教育に活用してもらうのが目的」(溝口社長)のため、原料費とほぼ同額の低価格に設定した。月内にも10台を製造し、関西の小中学校へ無料で貸し出す方針。コスト削減のため、部材に発泡スチロールなどを使用。構造も通常の植物工場に比べて簡素化した。
     
    装置は佐野工科高校の山田啓次教諭が製作した試作機をたたき台にして、日新インダストリーが製造した。電子レンジよりも一回り大きいサイズで、光源には価格の高い発光ダイオード(LED)ではなく、蛍光灯を使用装置内に温度計を取り付け、一定以上に温度が上昇するとファンが回り、温度を下げる仕組みにした
     
    無償貸与を通じ活用状況を調査した後、教育機関などに発売する計画。「教材として広く普及させたい」との山田教諭の考えもあり、価格は2万円に設定する見通し。溝口社長は「農業もモノづくりも、基本は一緒。子供の理科離れが加速するなか、教育の質の向上に役立ててもらえたら」と普及を期待している。日新インダストリーの本業は電子基板の実装事業など。2010年1月期の売上高は約60億円。<日刊工業新聞より>
  •  
     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  2. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る