キャノンMJ、農薬散布・葉色解析クラウドサービスの販売代理店契約を締結

植物工場IT活用事例セミナー

 株式会社スカイマティクスは、2017年7月3日にキヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)と農薬散布クラウドサービス「はかせ」と葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売に関する販売代理店契約を締結した。


キヤノンMJが販売する当社製品:
1.高性能農薬散布ドローンX-F1(クロスエフワン、以下「X-F1」)と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」

2.高性能測量ドローンX-S1(クロスエスワン、以 下「X-S1」)と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」


株式会社スカイマティクス概要
スカイマティクスは、「空から無限の情報を届け、あらゆる産業の課題をリモートセンシングで解決する」ことを目指し、ドローン・人工衛星という先進的なハードウェアと、画像処理解析・AI・IoTという革新的なソフトウェアを融合し、お客様が簡単に上空を活用し、業務に活かせる産業用リモートセンシングサービスを開発・提供致します。


はかせ概要
「はかせ」は“農薬散布の未来が、ここに”をコンセプトに開発した、X-F1と専用クラウドサービスによる農薬散布クラウドサービスです。

X-F1は10Lの液剤タンクを搭載する液剤散布用オクトコプター(8枚機)で、最大20kgを搭載可能な機体設計に対して余裕のあるタンク容量により、極めて安定した飛行と空中散布を実現します。

事前に設定したフライトプランに従い飛行を支援するアシストモード等、複数の操縦支援機能の搭載により初心者の方でも簡単に安心して操縦することが可能です。水洗いが可能な防水性、機体を長持ちさせる耐久性、軽トラックでも運搬できる移動性にも優れます。

生産者は専用のタブレットで、圃場の登録、機体の点検、散布計画の作成、飛行状況の確認や散布後の履歴管理をインターネットを通じて簡単に行えます。散布前の機体点検や散布後の記録作成を自動化することで、散布に関わる一連の作業時間の削減に貢献します。

キャノンMJ、農薬散布・葉色解析クラウドサービスの販売代理店契約を締結キャノンMJ、農薬散布・葉色解析クラウドサービスの販売代理店契約を締結
いろは概要
「いろは」は“手のひらに、いつでも葉の色を”をコンセプトに開発した、X-S1と専用クラウドサービスによる葉色解析クラウドサービスです。

X-S1は高画質カメラを搭載した全天候型の自律飛行マルチコプター(4枚機)で、簡単なボタン操作により事前に設定した飛行経路を飛行し、高高度からの撮影により圃場全体を、低高度からの撮影により葉色の詳細を自動撮影することが可能です。

生産者は専用のタブレットで、圃場の登録、機体の点検、飛行状況の確認、葉色画像の診断・管理をインターネット通じて簡単に行えます。

撮影した画像は、圃場内の位置に合わせて自動管理し、タブレットで全ての葉色を見ることが可能で、害虫情報、作業情報などを入力することにより、毎日の葉色の確認を容易にし、きめ細かな生育管理を実現します。