データセクション、 インドの大量画像データを活用する新会社を設立

植物工場IT活用事例セミナー

 データセクション株式会社とBharath Corp House Group(※)傘下のCherry Holdings Private Limited(本社:インド国コーヤンブットゥール)は、インドに存在する大量の医療、農業、セキュリティ、ECデータなどの画像データを活用したサービスを同国で展開するため、新会社を設立することに合意した。

データセクションはこれまで、ディープラーニング技術を活用した研究開発・AIソリューションの海外展開を東南アジア中心に積極的に行っておりましたが、この度Bharath Corp House GroupのITベンチャーとして発足したCherry Holdingsをパートナーとし、インドにおいて新たな市場を獲得するべく、シンガポールに新会社を設立いたします。


※Bharath Corp House Group
1989年設立した、インドの教育と不動産開発を実施してきたことにより、様々な政財界とコネクションをもつ企業。総資産1億米ドルを超える。現在は人工知能とセキュリティビジネスに重点を置き、IT分野へ進出。


【1】本件のポイント
・データセクションのAI技術のさらなる海外展開へ向け、インド市場へ進出。
・インドで約30年の歴史がある、コングロマリット企業のITベンチャーとして発足した企業をパートナーとし、新会社を設立。
・日本国内で入手しづらい画像データを収集、医療診断サポートや違反車両検挙、模造ブランド品の検知などのサービスを検討中。

【2】新会社の概要
・設立予定日 2017年7月(予定)
・本社所在地 シンガポール

【3】今後の展開
データセクションでは、インドにおいて広くコネクションを持つ伝統ある企業とパートナーシップを組むことで、日本では入手しづらい画像データを収集し、AIによる画像解析技術を活用した次のようなサービスを検討しております。
・防犯カメラ解析による違反車両の検挙
・医療画像による医師の診断サポート
・ECサイト上の模造ブランド品の検知