5月アグリ研究会:「農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」

今回の研究会では「循環型農業」と「農商工連携」の専門家をお招きして、様々な事例や事業を展開する上でのアイデア・ヒントをご提供したいと考えております。露地・土壌でも植物工場でも、農作物の生産・販売事業だけで黒字化するのは非常に難しいのが現状です。

最近の成功事例・トレンドは、生産・加工・流通といった川上〜川下までを網羅する事業拡大モデルであり、こうした事業展開を行う上でキーとなるのが「循環型農業」と「農商工連携」となります。農業ビジネスにご関心がある方は、是非とも、ご参加頂ければ光栄です。

 

5月アグリ研究会
「農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」

  • 日程:5月20日(木)13:30〜16:00 (13:00開場)
  • 場所:帝国劇場ビル地下2階「神戸大学東京凌霜クラブ」(詳細地図)
  • 定員:30名ほど
  • 参加費: 4,000円(※ 当日は資料も配布します
    <参加費は当日、現金にてお願いします。領収書発行可能

 

(当日のプログラム内容)

  • 13:30〜13:40
    <開始の挨拶/研究会に関する説明>
     
  • 13:40〜14:30
    <NPO法人農商工連携サポートセンター:大塚 洋一郎 様の発表>
    テーマ:「農商工連携の現状・事例について」
     
  • 14:40〜15:30
    <船井総合研究所:山田 浩太(農業・バイオマスコンサルティングチーム リーダー) 様の発表>
    テーマ:「循環型農業の可能性と儲かる農業展開」
     
  • 15:30〜16:00
    <簡単な名刺交換会>