5月アグリ研究会:「農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」

今回の研究会では「循環型農業」と「農商工連携」の専門家をお招きして、様々な事例や事業を展開する上でのアイデア・ヒントをご提供したいと考えております。露地・土壌でも植物工場でも、農作物の生産・販売事業だけで黒字化するのは非常に難しいのが現状です。

最近の成功事例・トレンドは、生産・加工・流通といった川上〜川下までを網羅する事業拡大モデルであり、こうした事業展開を行う上でキーとなるのが「循環型農業」と「農商工連携」となります。農業ビジネスにご関心がある方は、是非とも、ご参加頂ければ光栄です。

 

5月アグリ研究会
「農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」

  • 日程:5月20日(木)13:30〜16:00 (13:00開場)
  • 場所:帝国劇場ビル地下2階「神戸大学東京凌霜クラブ」(詳細地図)
  • 定員:30名ほど
  • 参加費: 4,000円(※ 当日は資料も配布します
    <参加費は当日、現金にてお願いします。領収書発行可能

 

(当日のプログラム内容)

  • 13:30〜13:40
    <開始の挨拶/研究会に関する説明>
     
  • 13:40〜14:30
    <NPO法人農商工連携サポートセンター:大塚 洋一郎 様の発表>
    テーマ:「農商工連携の現状・事例について」
     
  • 14:40〜15:30
    <船井総合研究所:山田 浩太(農業・バイオマスコンサルティングチーム リーダー) 様の発表>
    テーマ:「循環型農業の可能性と儲かる農業展開」
     
  • 15:30〜16:00
    <簡単な名刺交換会>

 

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  9. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  10. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  2. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る