5月アグリ研究会:「農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」

今回の研究会では「循環型農業」と「農商工連携」の専門家をお招きして、様々な事例や事業を展開する上でのアイデア・ヒントをご提供したいと考えております。露地・土壌でも植物工場でも、農作物の生産・販売事業だけで黒字化するのは非常に難しいのが現状です。

最近の成功事例・トレンドは、生産・加工・流通といった川上〜川下までを網羅する事業拡大モデルであり、こうした事業展開を行う上でキーとなるのが「循環型農業」と「農商工連携」となります。農業ビジネスにご関心がある方は、是非とも、ご参加頂ければ光栄です。

 

5月アグリ研究会
「農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」

  • 日程:5月20日(木)13:30〜16:00 (13:00開場)
  • 場所:帝国劇場ビル地下2階「神戸大学東京凌霜クラブ」(詳細地図)
  • 定員:30名ほど
  • 参加費: 4,000円(※ 当日は資料も配布します
    <参加費は当日、現金にてお願いします。領収書発行可能

 

(当日のプログラム内容)

  • 13:30〜13:40
    <開始の挨拶/研究会に関する説明>
     
  • 13:40〜14:30
    <NPO法人農商工連携サポートセンター:大塚 洋一郎 様の発表>
    テーマ:「農商工連携の現状・事例について」
     
  • 14:40〜15:30
    <船井総合研究所:山田 浩太(農業・バイオマスコンサルティングチーム リーダー) 様の発表>
    テーマ:「循環型農業の可能性と儲かる農業展開」
     
  • 15:30〜16:00
    <簡単な名刺交換会>

 

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  4. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  3. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  4. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
ページ上部へ戻る