Looop、ドローンによる太陽光パネルの赤外線調査・点検を実施

植物工場IT活用事例セミナー

 株式会社Looopは、自社発電所である春の木ソーラー発電所(茨城県水戸市)の太陽光パネルの点検を、テラドローン株式会社の赤外線カメラ搭載ドローンにより実施した。

春の木ソーラー発電所は、茨城県水戸市鯉淵町に立地し、出力8.8MW、敷地面積は約15万平米で30,000枚を超える太陽光パネルが並んでいます。

Looop、ドローンによる太陽光パネルの赤外線調査・点検を実施
 2017年4月に、再生可能エネルギー特別措置法が改正され、固定価格買取制度が変更されました。その変更点の1つがO&M(メンテナンス)の義務化です。

Looopでは従来、携帯型の赤外線カメラを点検作業者が持ち歩き、パネル1枚1枚を撮影していましたが、作業に膨大な時間を要することや欠陥などがあるパネルをすべて正確に検出することが困難でした。

赤外線カメラ搭載ドローンによる調査・点検では、地上からの赤外線点検と比べて、広範囲の調査を一度に行うことができ、費用の削減や調査時間の大幅な短縮ができます。
今回、多数の実績とノウハウを有するテラドローンが春の木ソーラー発電所のパネル定期点検を実施しました。

その結果、従来の方法では12人日かかっていた点検が、今回のドローンによる赤外線カメラ点検では工数を4人日まで削減することができ、3分の1まで短縮することが可能となりました。

精度面では、事前に従来手法でクラスタ落ち・ホットスポットが発見されていた場所をほぼ全て検出することができ、新たにホットスポットを発見いたしました。
発見されたホットスポットは、後日Looopにおいて再点検を実施し、そのすべての箇所で点検結果通りの異常が検出されました。

更に、人手による点検ではパネル1枚ごとに不具合を生じた可能性のあるパネルの位置をマニュアルで記入するため、異常箇所の位置ずれが生じていましたが、ドローンによる点検では映像を基に位置の特定ができることから、マッピングの正確性も向上しました。

赤外線カメラによるホットスポット検出の例(出所:テラドローン株式会社)
Looop、ドローンによる太陽光パネルの赤外線調査・点検を実施

【会社概要】
当社は、2011年3月に東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市・気仙沼市へ中村 創一郎(現 代表取締役社長 CEO)が赴き、仮設避難所等に独立型ソーラー発電セットの無償設置を実施したことがきっかけとなり、設立した会社です。
主に3つの事業でビジネス展開しております。

<太陽光発電システム販売事業>
「自分でもつくれる」をコンセプトに太陽光発電システム(MY発電所キット(R))を日本全国で販売。2011年の販売開始以来、1,869件以上(2017年4月時点)の実績。(2015グッドデザイン賞受賞)

<電源開発事業>
創業期から自社発電所開発を積極的に推進。地域社会と共に再生可能エネルギーの最大普及に取り組み、低炭素社会の実現を目指します。

<電力事業>
2015年7月の事業開始から、高圧電力は、沖縄、離島を除く日本全国で5,500設備以上に供給(2017年6月時点 ※8月供給予定含む)。低圧は5月末日時点で45,000件以上のお申し込みを獲得。