脱!ガラス瓶。日本初の割れない・軽い・プラスチックボトルのジャムが新登場

植物工場IT活用事例セミナー

 ジャム、フルーツプレパレーションを全国に展開しているデイリーフーズ株式会社では、今までジャムの製造工程上において高耐熱性や保存性、品質感などの問題から製品化が難しいとされていたPET素材を使ったジャム用の高耐熱性の広口容器を容器メーカーと共同開発した。

まずは、当社の人気シリーズ果実・野菜発酵ジャムの「植物性乳酸菌 発酵ジャム とまと(155g)」465円/税込(税別価格:430円)に採用。

ラベルもリニューアルしデイリーフーズのインフォメーションショップ『アップルファーム長野・東京』、秋葉原『CHABARA(ちゃばら)』で、2017年6月5日よりテスト販売を行う。

脱!ガラス瓶。日本初の割れない・軽い・プラスチックボトルのジャムが新登場
日本で初めて実用化に成功した、100℃に耐える広口PET容器は、従来の同容量のガラス製瓶容器の重さ125gから34g、約1/4の軽さになることで、購入時の持ち帰り負担、破損リスクを軽減しました。

落下強度は1.8mの高さからの衝撃にも耐える強度でガラス瓶のように割れる心配が無い為、安全で取り扱い易く、さらに軽量のため輸送時の燃費が改善され、CO2排出量も減らせるため、環境負荷低減するエコ商品です。

開発したジャム用広口PET容器は、現行ガラス瓶同様の金属製ラグキャップを使用し、開封性や安全性にも同等の機能を持たせた独自のネジ形状を採用しています。賞味期限もガラス瓶と同程度で、品質は変わりません。


【商品概要】
■「植物性乳酸菌 発酵ジャム とまと」
●容量・価格 :155g・465円/税込(税別価格:430円)
●名称    :とまと加工品
●原材料名  :乳酸菌発酵とまと(殺菌)、砂糖、リンゴ酸
●加工用トマト:長野県産の高リコペンのリコボールを使用

■販売チャネル
●インフォメーションショップ『アップルファーム長野・東京』
●秋葉原『CHABARAちゃばら』(日本百貨店しょくひんかん)
各店舗にて販売予定。