中国内モンゴル自治区に耐乾性・高栄養化「サジー」の苗木を植林

植物工場IT活用事例セミナー

 株式会社フィネスは2017年4月20日、中国内モンゴル自治区において、同国北部フフホト市、蛮漢山の64万坪へ、サジーの苗木32万本の植林が中国政府と地元企業との共同プロジェクトで実施された。

現在内モンゴルには大きな砂漠が複数存在しており、毎年季節風にのって砂漠の砂(黄砂)が日本へ100万トンから300万トン飛んできていると言われています。

そして他人事ではない深刻な問題として年々砂漠化は加速化しており、世界の陸地の25%以上は砂漠になってしまったそうです。


 株式会社フィネスでは砂漠の厳しい環境下でも絶えず繁殖する植物、サジーの果物ジュースを販売しております。サジーはグミ科の植物でビタミン、ミネラル、アミノ酸、有機酸など複数栄養価が高いことでしられています。

そのサジーの需要が日本でも高まれば、必然的に私たちはサジーを植えて原料を確保せねばなりません。このことが砂漠の緑化に繋がりますし、砂漠地域は産業に乏しく貧しい生活を強いられていますのでこの地域の雇用にも繋がります。

※ 2016年6月時点で、過去の植林活動実績は40万本を達成している
中国内モンゴル自治区に耐乾性・高栄養化「サジー」の苗木を植林