外食モンテローザが「あきたこまち」を生産。自社グループ店舗に提供へ

植物工場IT活用事例セミナー

 株式会社モンテローザの100%出資子会社である有限会社モンテローザファームは、株式会社フィードイノベーションと業務提携し、秋田県大館市で「あきたこまち」の生産を主とする農業事業に参入する。

有限会社モンテローザファームは、すでに有機野菜の生産や養鶏事業を全国で展開していますが、水稲栽培への参入は今回が初めてです。

親会社である株式会社モンテローザは「白木屋」「魚民」「笑笑」等の居酒屋チェーンを全国で約2000店舗運営しています。今回平成29年度から生産栽培する「あきたこまち」を自社グループの店舗で提供することで、お客様に“より美味しく、より安全・安心なお米”を広めていく計画です。

今回の事業は、地元の農業生産法人や農家の皆様のご協力を得ながら進めています。休耕地等を引受け、耕作面積を確保することで地域貢献と地方活性化にもつながると考えております。

​【大館市の農地の写真】(秋田県大館市)
外食モンテローザが「あきたこまち」を生産。自社グループ店舗に提供へ
【 有限会社モンテローザファームについて 】
〔設立〕
 平成15年(2003年)10月
〔資本金〕
 75百万円 ( 株式会社モンテローザ100%出資 )
〔従業員〕
 13名 ( 現地責任者 役員1名を含む )
〔事業内容〕
 農業事業( 有機野菜および慣行野菜の生産・販売 )
 養鶏事業( JAS認定地鶏の生産・販売、鶏肉の生産・販売 )

≪ 農場・養鶏場 ≫
・農 場
 牛久農場:茨城県牛久市    (約2.7ha)
 忍野村農場:山梨県南都留郡忍野村(約4.9ha)
 姫路農場:兵庫県姫路市    (約4 ha)
・養 鶏 場
 阿久根養鶏場:鹿児島県阿久根市( 鶏舎3棟・6.2万羽 / 年 )
 上場高原養鶏場:鹿児島県出水市 ( 鶏舎3棟・3.8万羽 / 年 )
 大分第一養鶏場:大分県豊後高田市(鶏舎5棟)
 大分第二養鶏場:大分県豊後高田市(鶏舎3棟)
 ( 第一、第二合計 鶏舎8棟・21.4万羽 / 年 )

≪ 主な出来事 ≫
平成15年10月 農業研修事業として有限会社モンテローザファームを設立
平成20年10月 茨城県牛久市で農業生産事業を開始
平成22年12月 茨城県牛久市の農場で有機JAS認定を取得
平成24年 2 月 山梨県南都留郡忍野村で農業生産事業を開始
平成25年 6 月 鹿児島県阿久根市で養鶏事業を開始( 自社ブランド地鶏「薩摩山内地どり」の生産開始 )
平成25年 7 月 山梨県南都留郡忍野村の農場で有機JAS認定を取得
平成26年 9 月 阿久根市の養鶏場で「薩摩山内地どり」のJAS地鶏肉認定を取得
平成26年10月 鹿児島県出水市で養鶏事業を開始。同養鶏場で「薩摩山内地どり」のJAS地鶏肉認定を取得
平成28年 2 月 大分県豊後高田市で養鶏事業を開始(第一養鶏場)
平成28年 6 月 兵庫県姫路市で農業事業を開始
平成28年12月 大分県豊後高田市の第二養鶏場で生産を開始
平成29年 4 月 秋田県大館市で水稲事業の共同栽培を開始