[他社セミナー案内] 植物工場による薬用植物・医薬品原材料の研究開発動向を知るチャンス

 技術情報センターでは6月21日、東京にて「植物工場による薬用植物・医薬品原材料の生産・栽培に関する研究開発動向と取組み」に関するセミナーを実施する。

本セミナーでは、植物工場による薬用植物・医薬品原材料など有用物質生産の研究開発動向と取組みについて、生産・栽培方法・環境制御(光質・温度・空調など)、エンジニアリングのポイントを織り交ぜながら、各専門家が解説する。

セミナー詳細URL http://www.tic-co.com/seminar/20170614.html

●日 時 2017年 6 月 21 日(水) 9:30~17:00
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・4F会議室
●主 催 (株)技術情報センター

完全人工光型植物工場では、リーフレタス等の葉野菜の生産が中心ですが、遺伝子組換え技術を活用した医薬品原材料の生産、薬用植物や機能性野菜の研究開発が進められています。

現在では一部の商品しか市場には流通しておりませんが、将来的には商業生産技術が確立し、大きなビジネスチャンスにつながる可能性があります。
よって、こうした最新の研究開発動向を情報収集しておくことは重要となります。

植物工場による薬用植物・医薬品原材料の
生産・栽培に関する研究開発動向と取組み

千葉大学 大学院園芸学研究科
環境調節工学研究室 教授
後藤英司 氏
玉川大学 農学部 先端食農学科 教授 渡邊博之 氏
神戸大学 大学院 農学研究科 准教授 伊藤博通 氏
鹿島建設(株) エンジニアリング事業本部 次長 澤田裕樹 氏
筑波大学 生命環境系 教授
つくば機能植物イノベーション研究センター センター長
江面 浩 氏
(株)朝日工業社 技術研究所 丸山真一 氏

● セミナー詳細URL http://www.tic-co.com/seminar/20170614.html