GMOクラウド、無料コンサルティングでIoTビジネスの実現を支援する「IoTの窓口」を開設

植物工場IT活用事例セミナー

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社は、企業のIoTビジネスの実現を支援する「IoTの窓口」を開設する。「IoTの窓口」では、GMOクラウド社のIoTコンサルタントによる無料相談から、IoTビジネス化を実現する仕組み(システム)の企画・開発、製品・サービス化までワンストップでサポートしていく。


「IoTの窓口」開設の背景
近年、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(Internet of Things、モノのインターネット)の概念の広がりに伴い、モバイル・ウェアラブルデバイスをはじめ、産業機器や自動車、家電などさまざまなデバイスのIoT化が進みつつあります。

しかし、IoTを活用したビジネスを展開したいとお考えの企業においても、「まず何から始めたらいいのかわからない」といった悩みや、「ビジネス構想はあるものの、センサーや通信、クラウド、セキュリティといった様々な技術・サービスをそれぞれ比較検討して発注・動作確認するのは手間がかかる」といった課題を抱える企業は少なくありません。

そこでGMOクラウド社は、こうしたIoT活用における企業のビジネス課題に対して、気軽に相談できる窓口を設けるべく、IoTコンサルタントによる無料相談から、企画・開発、製品・サービス化まで一貫してサポートする「IoTの窓口」を開設いたしました。


<IoT活用事例>
「IoTの窓口」では、以下を一例に、幅広い業界・シーンにおいて、IoTを活用したビジネスの実現をサポートいたします。その他の事例・詳細は、URL:https://www.iotnomadoguchi.com/case/ をご参照ください。

▼IoT × 教育
子どもの安全を確保するため、学校内の学生の位置を「本人」「学校」「親」に共有するシステムを実現。また、教育管理システムと連携することで、モバイルアプリから学生の学習進捗状況の確認も可能です。

▼IoT × 不動産
電力消費量の見える化に加え、空調や照明、ピーク時の電力の制御が行えるスマートマンションオーナーシステムを開発。節電が図れるだけでなく、マンションの電力を一括仕入れし、居住者から定額で光熱費を徴収するオーナーは、家賃に加え光熱費による収益化が図れます。

▼IoT × 農業
農業生産者と集荷場、スーパーを直接つなぐ物流プラットフォームを実現。生産者は、スーパーの在庫状況をリアルタイムに把握し、出荷調整に役立てることができます。

「IoTの窓口」について:https://www.iotnomadoguchi.com/