東京野菜普及協会による東京産野菜のブランド化。東京オリンピック・世界に供給目指す

植物工場IT活用事例セミナー

 一般社団法人東京野菜普及協会では設立一周年を迎え、活動報告と東京などの生産農家向けにG-GAP説明会を実施した。

東京野菜普及協会は、大田市場の仲卸である株式会社大治が中心になって立ち上げた組織で、東京産野菜を「東京野菜」としてブランド化して販売する活動を中心に東京野菜の普及に取り組んでいます。

東京野菜普及協会による東京産野菜のブランド化。東京オリンピック・世界に供給目指す東京産野菜の都内での消費には、新鮮な野菜を手に取っていただけるというメリットのほか、輸送コストが低くなり、排出炭酸ガスも少なく抑えられ、消費拡大による生産拡大を通して都市緑地の保全にも効果的であると考えられます。

東京産野菜普及のための具体的な取り組みとして、東京西部・島嶼部等で生産される青果物を「東京野菜」としてブランド化し、都心部を含む都内のスーパー・飲食店に供給するとともに、各種販売イベントにも参加しています。

 また、東京産の産品を都内で加工するというコンセプト「TOKYO×TOKYO」に沿った商品を企画し、都内の加工品メーカーと共同開発する取り組みも実施しています。

東京野菜普及協会による東京産野菜のブランド化。東京オリンピック・世界に供給目指す
 GAPについて/東京オリンピック・パラリンピックでも調達標準として採用見込 

 GAPとは「Good Agricultural Practices」の略で、日本語では「適正農業規範」「農業生産工程管理」などと訳されます。
各種のGAPの中でもG-GAP(グローバルGAP)は、海外では小売店で青果物等の仕入れ先を選定する際の事実上の世界標準規範として定着しつつあり、国外への輸出の際にも必須となる場合が増えてきています。

さらに、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際には生鮮野菜の調達標準の一つとして採用される見込みであり、東京オリンピック・パラリンピック向けに地元東京で収穫された新鮮な野菜を供給することにもつながります。

当協会では、東京オリンピック・パラリンピックへの新鮮な東京産野菜の供給と、それを足掛かりとする形での世界への販売を目指して、この取り組みを進めてまいります。

東京野菜普及協会ホームページ: https://yasai.tokyo.jp
東京野菜の取扱店舗紹介ページ: https://yasai.tokyo.jp/handling-store/
TOKYO×TOKYO商品紹介ページ : https://yasai.tokyo.jp/shopping-introduction/