殺菌力に優れた電解水「減農薬栽培」「環境保全型農業」の提案<アクアシステム社>

アクアシステム(株)では、電解水技術を軸に、医療・農業・食品加工など、様々な分野へ応用した商品開発を行っている。酸性電解水には殺菌作用があり、食品加工業、給食施設、老人福祉施設、保育園などでは、食中毒予防・ノロウイルス対策・衛生管理の為に同社商品を利用する企業も多い。
 
 
そして、最近では農業分野でも採用が急増しており、その背景として「減農薬栽培」「環境保全型農業」という付加価値商品を望む消費者が増え、市場でも高値で取引されることが理由の一つだと考えられる。
 
 
同社における農業分野商品:微酸性電解水『ピュアスター水』は、葉面散布することで、葉や実についた微生物を殺菌でき、薬害による人体への影響もないので残留の心配もないという点がメリットとしてある。
 

    各種電解水の特徴

  • 直接触れた微生物に対する殺菌能力が高い
  • 薬剤散布の回数減少と薬剤量の提言による減農薬化
  • 耐性菌の出現を回避(酸性電解水の殺菌機構が複雑なため、耐性菌が起こらない)
  • 生産者にとって薬剤より安全(薬剤散布のように自分の健康を害することがない)
  • 生産物が安全、健康的
  • 環境保全型農業の実現
  • 病害予防中心の栽培管理
  • 人畜への影響が極めて少ない


 
水、電気、タンクがあれば簡単に設置することができ、果樹農家や大型ハウス栽培にも対応可能。また、pHが6前後のため作物や金属への悪影響が少ない電解水であることも特徴の一つ。現在では、トマトやイチゴ、梨や桃など、多数の野菜・果物の生産者・農家に参入されている(参入事例)。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る