殺菌力に優れた電解水「減農薬栽培」「環境保全型農業」の提案<アクアシステム社>

アクアシステム(株)では、電解水技術を軸に、医療・農業・食品加工など、様々な分野へ応用した商品開発を行っている。酸性電解水には殺菌作用があり、食品加工業、給食施設、老人福祉施設、保育園などでは、食中毒予防・ノロウイルス対策・衛生管理の為に同社商品を利用する企業も多い。
 
 
そして、最近では農業分野でも採用が急増しており、その背景として「減農薬栽培」「環境保全型農業」という付加価値商品を望む消費者が増え、市場でも高値で取引されることが理由の一つだと考えられる。
 
 
同社における農業分野商品:微酸性電解水『ピュアスター水』は、葉面散布することで、葉や実についた微生物を殺菌でき、薬害による人体への影響もないので残留の心配もないという点がメリットとしてある。
 

    各種電解水の特徴

  • 直接触れた微生物に対する殺菌能力が高い
  • 薬剤散布の回数減少と薬剤量の提言による減農薬化
  • 耐性菌の出現を回避(酸性電解水の殺菌機構が複雑なため、耐性菌が起こらない)
  • 生産者にとって薬剤より安全(薬剤散布のように自分の健康を害することがない)
  • 生産物が安全、健康的
  • 環境保全型農業の実現
  • 病害予防中心の栽培管理
  • 人畜への影響が極めて少ない


 
水、電気、タンクがあれば簡単に設置することができ、果樹農家や大型ハウス栽培にも対応可能。また、pHが6前後のため作物や金属への悪影響が少ない電解水であることも特徴の一つ。現在では、トマトやイチゴ、梨や桃など、多数の野菜・果物の生産者・農家に参入されている(参入事例)。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る