殺菌力に優れた電解水「減農薬栽培」「環境保全型農業」の提案<アクアシステム社>

アクアシステム(株)では、電解水技術を軸に、医療・農業・食品加工など、様々な分野へ応用した商品開発を行っている。酸性電解水には殺菌作用があり、食品加工業、給食施設、老人福祉施設、保育園などでは、食中毒予防・ノロウイルス対策・衛生管理の為に同社商品を利用する企業も多い。
 
 
そして、最近では農業分野でも採用が急増しており、その背景として「減農薬栽培」「環境保全型農業」という付加価値商品を望む消費者が増え、市場でも高値で取引されることが理由の一つだと考えられる。
 
 
同社における農業分野商品:微酸性電解水『ピュアスター水』は、葉面散布することで、葉や実についた微生物を殺菌でき、薬害による人体への影響もないので残留の心配もないという点がメリットとしてある。
 

    各種電解水の特徴

  • 直接触れた微生物に対する殺菌能力が高い
  • 薬剤散布の回数減少と薬剤量の提言による減農薬化
  • 耐性菌の出現を回避(酸性電解水の殺菌機構が複雑なため、耐性菌が起こらない)
  • 生産者にとって薬剤より安全(薬剤散布のように自分の健康を害することがない)
  • 生産物が安全、健康的
  • 環境保全型農業の実現
  • 病害予防中心の栽培管理
  • 人畜への影響が極めて少ない


 
水、電気、タンクがあれば簡単に設置することができ、果樹農家や大型ハウス栽培にも対応可能。また、pHが6前後のため作物や金属への悪影響が少ない電解水であることも特徴の一つ。現在では、トマトやイチゴ、梨や桃など、多数の野菜・果物の生産者・農家に参入されている(参入事例)。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  4. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  5. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  6. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  7. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  8. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る