日本アドバンストアグリ、植物工場にて『アイスプラント』量産に乗り出す

液晶テレビのバックライトに使うHEFL(ハイブリッド電極蛍光管)照明装置の製造などを行うツジコー(株)では、2006年4月に植物工場による野菜栽培を手掛ける子会社「日本アドバンストアグリ(株)」を設立。
 
 
数年前に取材した際には、HEFLやLEDなど、人工照明を使用してレタスなどの葉野菜を実験的に栽培し、その一部を地元のスーパー等に卸していた。同社では、こうした実験的な取り組みを通して、人工照明に最適な品種や量産するための研究、栄養価を高める方法・ノウハウを蓄積してきたが、特に「アイスプラント」(南アフリカ原産の葉物野菜)に照準を合わせ、量産体制を整え、5月ごろから出荷する計画としている。
 
 
アイスプラントは、プチプチした食感で薄い塩味がし、カリウムやβカロテンなどの栄養素を多く含む葉野菜小売価格はレタスが1g:1.5円程度なのに対し、アイスプラントは4.5〜5円程度と高い。人工照明で水耕栽培すると収穫までの日数も50〜70日と、ハウス栽培より2〜3割短く、通年栽培も可能
 
 
量産工場は倉庫・物流業の上田産業と協力し、滋賀県長浜市内の倉庫内に設ける。野菜栽培システム16台を設置し、「ツブリナ」のブランド名を付けたアイスプラントを出荷。生産量は当初、1日1100株を予定している。「ツブリナ」ブランドのアイスプラントを、他社の植物工場野菜販路と同様のスーパー・百貨店、飲食店などに販売すると同時に、植物工場の導入を検討している企業などに、栽培ノウハウとセットで栽培装置を販売して商品名を浸透させる考え
 
 
アイスプラントは、露地やハウス栽培の商品が先行している。植物工場の初期導入コスト高になるのは明らかだが、一つのメリットとして、光源(照明)の波長を調整することにより、通常のものより栄養価の高い機能性野菜を実現できる
 
 
しかし、そもそもアイスプラント自体が、露地・ハウス栽培のものであっても、他の葉野菜よりカリウムなどのミネラル成分を多く含む野菜であることが懸念される点(もちろん採算ベースに乗るのかも重要な点)。また、既に沖縄のインターナショナリー・ローカルが運営する植物工場ではアイスプラントが栽培されており、今後は競合商品も増えていくだろう(参考記事)。
  
やはり、こうした露地やハウス栽培などで先行されていない、海外の新しい品種・特徴のある野菜を発掘・選択し、植物工場野菜として栽培することも必要なのかもしれない