日本アドバンストアグリ、植物工場にて『アイスプラント』量産に乗り出す

液晶テレビのバックライトに使うHEFL(ハイブリッド電極蛍光管)照明装置の製造などを行うツジコー(株)では、2006年4月に植物工場による野菜栽培を手掛ける子会社「日本アドバンストアグリ(株)」を設立。
 
 
数年前に取材した際には、HEFLやLEDなど、人工照明を使用してレタスなどの葉野菜を実験的に栽培し、その一部を地元のスーパー等に卸していた。同社では、こうした実験的な取り組みを通して、人工照明に最適な品種や量産するための研究、栄養価を高める方法・ノウハウを蓄積してきたが、特に「アイスプラント」(南アフリカ原産の葉物野菜)に照準を合わせ、量産体制を整え、5月ごろから出荷する計画としている。
 
 
アイスプラントは、プチプチした食感で薄い塩味がし、カリウムやβカロテンなどの栄養素を多く含む葉野菜小売価格はレタスが1g:1.5円程度なのに対し、アイスプラントは4.5〜5円程度と高い。人工照明で水耕栽培すると収穫までの日数も50〜70日と、ハウス栽培より2〜3割短く、通年栽培も可能
 
 
量産工場は倉庫・物流業の上田産業と協力し、滋賀県長浜市内の倉庫内に設ける。野菜栽培システム16台を設置し、「ツブリナ」のブランド名を付けたアイスプラントを出荷。生産量は当初、1日1100株を予定している。「ツブリナ」ブランドのアイスプラントを、他社の植物工場野菜販路と同様のスーパー・百貨店、飲食店などに販売すると同時に、植物工場の導入を検討している企業などに、栽培ノウハウとセットで栽培装置を販売して商品名を浸透させる考え
 
 
アイスプラントは、露地やハウス栽培の商品が先行している。植物工場の初期導入コスト高になるのは明らかだが、一つのメリットとして、光源(照明)の波長を調整することにより、通常のものより栄養価の高い機能性野菜を実現できる
 
 
しかし、そもそもアイスプラント自体が、露地・ハウス栽培のものであっても、他の葉野菜よりカリウムなどのミネラル成分を多く含む野菜であることが懸念される点(もちろん採算ベースに乗るのかも重要な点)。また、既に沖縄のインターナショナリー・ローカルが運営する植物工場ではアイスプラントが栽培されており、今後は競合商品も増えていくだろう(参考記事)。
  
やはり、こうした露地やハウス栽培などで先行されていない、海外の新しい品種・特徴のある野菜を発掘・選択し、植物工場野菜として栽培することも必要なのかもしれない
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  4. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  7. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
ページ上部へ戻る