日本アドバンストアグリ、植物工場にて『アイスプラント』量産に乗り出す

液晶テレビのバックライトに使うHEFL(ハイブリッド電極蛍光管)照明装置の製造などを行うツジコー(株)では、2006年4月に植物工場による野菜栽培を手掛ける子会社「日本アドバンストアグリ(株)」を設立。
 
 
数年前に取材した際には、HEFLやLEDなど、人工照明を使用してレタスなどの葉野菜を実験的に栽培し、その一部を地元のスーパー等に卸していた。同社では、こうした実験的な取り組みを通して、人工照明に最適な品種や量産するための研究、栄養価を高める方法・ノウハウを蓄積してきたが、特に「アイスプラント」(南アフリカ原産の葉物野菜)に照準を合わせ、量産体制を整え、5月ごろから出荷する計画としている。
 
 
アイスプラントは、プチプチした食感で薄い塩味がし、カリウムやβカロテンなどの栄養素を多く含む葉野菜小売価格はレタスが1g:1.5円程度なのに対し、アイスプラントは4.5〜5円程度と高い。人工照明で水耕栽培すると収穫までの日数も50〜70日と、ハウス栽培より2〜3割短く、通年栽培も可能
 
 
量産工場は倉庫・物流業の上田産業と協力し、滋賀県長浜市内の倉庫内に設ける。野菜栽培システム16台を設置し、「ツブリナ」のブランド名を付けたアイスプラントを出荷。生産量は当初、1日1100株を予定している。「ツブリナ」ブランドのアイスプラントを、他社の植物工場野菜販路と同様のスーパー・百貨店、飲食店などに販売すると同時に、植物工場の導入を検討している企業などに、栽培ノウハウとセットで栽培装置を販売して商品名を浸透させる考え
 
 
アイスプラントは、露地やハウス栽培の商品が先行している。植物工場の初期導入コスト高になるのは明らかだが、一つのメリットとして、光源(照明)の波長を調整することにより、通常のものより栄養価の高い機能性野菜を実現できる
 
 
しかし、そもそもアイスプラント自体が、露地・ハウス栽培のものであっても、他の葉野菜よりカリウムなどのミネラル成分を多く含む野菜であることが懸念される点(もちろん採算ベースに乗るのかも重要な点)。また、既に沖縄のインターナショナリー・ローカルが運営する植物工場ではアイスプラントが栽培されており、今後は競合商品も増えていくだろう(参考記事)。
  
やはり、こうした露地やハウス栽培などで先行されていない、海外の新しい品種・特徴のある野菜を発掘・選択し、植物工場野菜として栽培することも必要なのかもしれない
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
ページ上部へ戻る