植物工場技術は都市型農業にプラスなのか?(Robert F. Kennedy, Jr. のプレゼン内容を整理)

最近では植物工場(ここでは一部でも人工光を利用した半・完全閉鎖空間での水耕栽培を主に想定)という言葉もメジャーとなり、様々な意見が出てきている。これは非常に良いことで、こうした様々な視点から議論・意見交換を行うことで、この技術をどのように活用すれば、社会還元につながるのか、そのアプローチ方法の活路が少しでも見出せるかもしれない。
 
 
そこで、上記のテーマに関連した内容を、全米市長会議にてRobert F. Kennedy, Jr. 氏がプレゼンしていたので、その内容を簡単にまとめておく。
 
 
まず、Robert F. Kennedy, Jr. 氏(以下、彼)は、植物工場システムを利用することで、都市型農業を経済的にも実行可能なものに押し上げ、環境保護にもつながる、といった主張を行っている。
 
 
中でもカナダ・アメリカ、EUにも展開するValcent Products 社を一例に挙げており、この企業も多段式の植物工場技術によって、藻やレタスなどを栽培している会社で、最近ではアブダビ(UAE)のマスダールシティ(関連記事)にも納入が決定している(詳細は後日、掲載する)。
 

 
彼のプレゼンの一部を整理すると、そのメリット、デメリットは以下のようなもの

    メリット

  • 廃棄物や水を繰り返し再利用することができる
  • 伝統的な農業によってダメージを受けた農地を復活させることも可能
  • 見捨てられた都市財産(空きスペースなど)を有効活用できる
  • 糖尿病や肥満などに対して有効なタンパクや栄養素を高めることが可能で、都市部のライフスタイルで多発する慢性的な病気の助けにもなる
    デメリット

  • 技術革新が起こり導入・維持コストが飛躍的に下がれば、商業的にも様々な企業が参入する。その結果、人口が密集した省スペースしかない都市部の不動産価格が高騰する可能性がある

 
彼は上記のデメリットに対して、自動車で有名なデトロイトといった都市を挙げ、こうした食料自給(都市型農業)を見捨てた都市であっても、既存の建物や倉庫といった場所で野菜や果物が栽培できる植物工場技術が導入されれば明るい未来がある、と説明している。
 
 
またデトロイトは、貧困や失業率が高いことでも有名な都市であり、都市型農業ビジネスが普及することで、雇用の創出や温室効果ガス対策、自動車などの製造工場で破壊された周辺環境にもプラスの影響が出ることを示唆している
 
 
その他について、また別の機会に掲載する。皆様は、どのように考えますか?『植物工場技術は都市型農業にプラスなのか?』
 
 
※ 参考資料: January 26, 2010 「Robert Kennedy Jr. Presents Verticrop At Us Mayor’s Conference」等
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る