植物工場技術は都市型農業にプラスなのか?(Robert F. Kennedy, Jr. のプレゼン内容を整理)

    そこで、上記のテーマに関連した内容を、全米市長会議にてRobert F. Kennedy, Jr. 氏がプレゼンしていたので、その内容を簡単にまとめておく。     まず、Robert F. Kennedy, Jr. 氏(以下、彼)は、植物工場システムを利用することで、都市型農業を経済的にも実行可能なものに押し上げ、環境保護にもつながる、といった主張を行っている。     中でもカナダ・アメリカ、EUにも展開するValcent Products 社を一例に挙げており、この企業も多段式の植物工場技術によって、藻やレタスなどを栽培している会社で、最近ではアブダビ(UAE)のマスダールシティ(関連記事)にも納入が決定している(詳細は後日、掲載する)。     彼のプレゼンの一部を整理すると、そのメリット、デメリットは以下のようなもの

    メリット
  • 廃棄物や水を繰り返し再利用することができる
  • 伝統的な農業によってダメージを受けた農地を復活させることも可能
  • 見捨てられた都市財産(空きスペースなど)を有効活用できる
  • 糖尿病や肥満などに対して有効なタンパクや栄養素を高めることが可能で、都市部のライフスタイルで多発する慢性的な病気の助けにもなる
    デメリット
  • 技術革新が起こり導入・維持コストが飛躍的に下がれば、商業的にも様々な企業が参入する。その結果、人口が密集した省スペースしかない都市部の不動産価格が高騰する可能性がある
  彼は上記のデメリットに対して、自動車で有名なデトロイトといった都市を挙げ、こうした食料自給(都市型農業)を見捨てた都市であっても、既存の建物や倉庫といった場所で野菜や果物が栽培できる植物工場技術が導入されれば明るい未来がある、と説明している。     またデトロイトは、貧困や失業率が高いことでも有名な都市であり、都市型農業ビジネスが普及することで、雇用の創出や温室効果ガス対策、自動車などの製造工場で破壊された周辺環境にもプラスの影響が出ることを示唆している。     その他について、また別の機会に掲載する。皆様は、どのように考えますか?『植物工場技術は都市型農業にプラスなのか?』     ※ 参考資料: January 26, 2010 「Robert Kennedy Jr. Presents Verticrop At Us Mayor’s Conference」等    ]]>