佐賀市富士町にて廃校になった木造小学校・教室内で植物工場を運営(アルミス)/施設内には直売所・レストランなどを運営

佐賀市富士町では、旧校舎(富士南小学校)を再生して、学校給食や鮮魚、新鮮な野菜・焼きたてパンの販売などを行っている(「元気村HP」)。今回は、その木造校舎内の職員室と校長室(合わせて、約50平方メートル)を「植物工場」に活用した。導入された植物工場は人工光型・水耕栽培システム幅1・5メートルのプランターを6段重ねた棚は20個あり、ミズナやレタス、ミニチンゲンサイなどを栽培している。
 
 
肥料をふくませた上質の井戸水が循環するシステムを採用し、作付面積は畑0・5アールに相当。一日に6キロの収量を目指しているという。古い教室には隙間もたくさんあり、こうした教室の周りには防虫ネットや遮光カーテンが張られており、衛生管理を行っている。生産・収穫された野菜は、併設されている直売所・レストランに供給。レストランは学校の椅子・机をそのまま利用したバイキング形式の料理を提供している(様子は「元気村HP」を参照)。
 
 
今回の植物工場(水耕栽培)システムは、アルミスアグリ事業部が開発した「多段タイプ・人工光型の“野菜のKIMOCHI”」を採用。同システムの特徴は以下のようなもの。

  • 組立時にボルト・ナット類を使用せず特殊金具による固定方法を考案し、組み立てが簡単
  • 施設の天井高に合わせて段数の調整が可能
  • 栽培する植物の大きさに合わせて、栽培ポットの位置間隔の選択が50mmピッチで調整可能
  • 植物の生長に合わせて、蛍光灯の照射高の調整も可能
  • 栽培ポットや定植トレイの脱着・清掃が容易
  • 栽培室・育苗室合わせて約89平方メートルで、3840株の葉野菜が栽培できる

 
● 関連したニュース動画(佐賀新聞オフィシャルチャンネル)

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  6. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
ページ上部へ戻る