ドコモ・ヘルスケア、食事写真と専門家によるソーシャルダイエット「フォトエット」を提供開始

植物工場IT活用事例セミナー

 ドコモ・ヘルスケア株式会社は、法人企業向けの新サービスとして、従業員のメタボや肥満対策に効果を出す、食事写真を投稿して専門家と仲間と取り組むスマートフォン向けソーシャルダイエット「フォトエット™」(URL: http://www.d-healthcare.co.jp/business/photoet/)を、2017年6月(予定)より提供開始する。
それに先立ち、2017年4月11日より受付を開始する。


「フォトエット」は、スマートフォンを通して毎日専門家による食生活に関するコーチング(モチベーションを高めて目標達成をサポートする技術)を受けながら、同じ条件のもと減量に励む仲間とのグループを作って減量に取り組むため、従業員が日々の食事の内容や量を自己管理できるようになり、健康的な食生活を継続して取り組めるようサポートします。

ドコモ・ヘルスケア独自の減量メソッドや自身で立てる行動目標を達成しながら、2か月程度の短期間で減量を実感できるプログラムになっています。


 ドコモ・ヘルスケアでは、「従来の企業の健康診断・指導では従業員が本気で健康増進に取り組まない」、「メタボリックシンドローム診断をされた社員がなかなか減らない」といった企業課題に対し、従業員の食生活改善のモチベーションを向上させ、食生活を自己管理できるようになるとともに、一過性ではなく継続して健康な食生活を維持できるようにするサービスを提供することで、従業員の健康増進に取り組む企業をサポートしてまいります。


■企業への導入メリット
① 特定保健指導対象である従業員のメタボリックシンドローム・肥満を改善したり、未然に防ぐことができる。
② 従業員がスマートフォンにアプリをダウンロードするだけで利用でき、特別な機材などは不要。
③ 2か月程度の短期間で効果を出しやすい。
④ 独自のメソッドにより一過性ではなく食生活改善が習慣化し、継続できる。


■サービスの特長
・専門家のコーチング(モチベーション向上・一人一人に合った指導)

ティーチング(教えるだけ)よりも高い継続率が見込めるコーチング(モチベーションを高めて目標達成のサポート)を採用。
専門的知識の提供だけではなく、参加者の生活・業務パターンを考慮しながらモチベーションを上げるコミュニケーションをとり、行動の習慣化に向けたアプローチにより、参加者に「気付き」と「納得感・満足感」を与えることが可能です。

・同じ条件のもと減量に励む仲間とのグループ制(減量行動の促進・気づき・発見)
1人で参加するよりも、同じ生活・業務パターンや課題を持つ仲間と一緒に挑戦することで、本当は辛いはずのダイエットが楽しくなったり、仲間の取り組みから新たな気付きが生まれ、継続率が向上します。

・独自の減量メソッド(適正な量とバランスの良い食事内容)
厚生労働省の食事バランスガイドに基づき、ドコモ・ヘルスケア独自の減量メソッドを開発しました。
減量メソッドに則った食生活を実施することで、2ヶ月で5%の減量を目指します。

・行動目標(食事時間や食べ方の工夫)を設定することで成功率を向上
具体的に取り組む行動目標を設定。目標への取り組みを専属コーチがチェックし、アドバイスを実施することで、行動の実行確率が向上し、減量成功確率が増加します。

「フォトエット」サービス概要
1. 提供開始日
 2017年6月(予定)
2.受付開始日:2017年4月11日(火)
3.サービスURL
http://www.d-healthcare.co.jp/business/photoet/

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。