三菱総研、家庭菜園の質問に人工知能AIが自動回答する実証サービスを開始

 株式会社三菱総合研究所(MRI)は、対話型人工知能(AI)を活用して、家庭菜園の初心者の質問や悩みに24時間即時自動回答するサービスを開発してきました。国内では初めての試みとして、その実証実験を4月13日から全国で開始する。
三菱総研、家庭菜園の質問に人工知能AIが自動回答する実証サービスを開始
1.実証実験の背景・ねらい
園芸・庭いじり・ガーデニングを趣味とする人は約3000万人、週1回以上行う人は約1150万人に達するとみられます。当社調査では、そのうち野菜栽培をする人が約720万人と推計されています。

そうしたなか、初心者が入門段階で失敗してやめてしまう例が多いということが、家庭菜園・ガーデニングを浸透させていくうえで大きな課題となっています。言い換えれば、初心者に失敗させないことが市場拡大の鍵を握るとも考えられます。

これまでも、栽培手順を示した動画や検索方式のQ&Aは多くありますが、初心者であるがゆえに、どこで何を探せばよいかもよくわからず、適切な回答にたどりつけないケースも少なくないようです。

現在、MRIで検討・開発中のサービスは、対話型人工知能(AI)を活用することで、利用者のあいまいな悩みにも的確に対応し、24時間即時自動回答でかゆいところに手の届く使いやすさを目指します。このサービスの実現により、初心者が失敗することなく、楽しく野菜を収穫できるようになると考えています。

2.実証実験の概要
● 実証実験期間:2017年4月13日(木)~8月31日(木)
● 提供サービス:家庭菜園初心者向けAI応答による栽培の悩みへのアドバイス(トマト)、お手本となる栽培状況の発信(カゴメのトマト苗を栽培します)
● サービスエリア:全国
● 実験参加方法:LINEのMRI実験アカウントへの友だち追加により誰でも参加可能となります。
 友だち追加URL https://line.me/R/ti/p/%40svg6981z
● 実証実験期間中に利用者の方にアンケートなどでご意見を伺い、サービスに対するニーズや要望などを把握して今後の事業化検討の参考とします。また、期間中に随時AIによる回答の追加・修正を行い、回答の精度を高めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  4. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
ページ上部へ戻る