複雑な統計データを分かりやすくビジュアル化「データで見る5年間 日本の農業のオモテウラ」

 ウイングアーク1st株式会社が運営するウェブメディア『データのじかん』は、データ活用の面白さを多くの方に感じていただくことを目的に、複雑なデータを整理して、分かりやすいビジュアルで表現するデザイン手法“インフォグラフィック”を用いて『データで見る5年間 日本の農業のオモテウラ』を公開した。

「データのじかん(ウイングアーク1st)」
URL: https://data.wingarc.com/infograph-agriculture-3686

■背景
人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあり、小売チェーンや私鉄、銀行などの他業界企業が農業ビジネスに参入しています。このように、日本の農業の現況は、一部のデータだけで捉えることはできません。

そこで『データのじかん』は、データで物事を多面的に解釈する重要性を伝えるため、日本の農業にまつわる様々なオープンデータをインフォグラフィックにまとめ、公開しました。

■インフォグラフィック解説(1)—農業人口
複雑な統計データを分かりやすくビジュアル化「データで見る5年間 日本の農業のオモテウラ」
農林水産省の発表データによると、日本の農業人口は減少し続けています。しかし、新たに農業に参加する「新規就農者数」は近年増加傾向にあります。

その理由の一つとして挙げられているのは、法人等の組織経営体の増加です。平成21年に農地法が改正されてから2,222の法人が新しく農業に参入しています。[平成28年6月末現在(※4)]

■インフォグラフィック解説(2)—農業就業者の年齢と耕地面積
複雑な統計データを分かりやすくビジュアル化「データで見る5年間 日本の農業のオモテウラ」
農業従事者の「高齢化」も深刻な問題です。平成27年の農業就業者の平均年齢は67歳と、平成23年に比べ1.1歳高くなっています。一方で、農家世帯員である「新規自営農業就農者(※1)」と、土地や資金を独自に調達し新たに農業経営を開始した「新規参入者(※3)」のうち49歳以下の割合は、5年前と比べてそれぞれ+10.6%、+25.6%と増えており、全体的に若い新規就農者が増えている傾向にあります。

耕地面積については、平成23年に比べ縮小していますが、一経営体当たりの耕地面積は拡大していることから、農業の大規模化が進んでいることが分かります。

※1 農家世帯員で、調査期日前1年間の生活の主な状態が、「学生」から「自営農業への従事が主」になった者及び「他に雇われて勤務が主」から「自営農業への従事が主」になった者をいう。

※2 新たに法人等に常雇い(年間7か月以上)として雇用されることにより、農業に従事することとなった者(外国人研修生及び外国人技能実習生並びに雇用される直前の就業状態が農業従事者であった場合を除く。)をいう。

※3 土地や資金を独自に調達(相続・贈与等により親の農地を譲り受けた場合を除く。)し、新たに農業経営を開始した経営の責任者及び共同経営者をいう。
農林水産省統計部「新規就農者調査」より( http://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/data/08.html )

※4 農林水産省発表データより( http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/sannyu/kigyou_sannyu.html )

■インフォグラフィック解説(3)—農業のIT化
複雑な統計データを分かりやすくビジュアル化「データで見る5年間 日本の農業のオモテウラ」
いままでの農業は人の力に頼る要素が大きく、ベテランの勘や経験に基づいた技術や知識の共有が困難でした。そのため、農業は新規参入へのハードルが高いと考えられていました。

しかし現在、農林水産省によりスマート農業化が推進されていることや、作業の自動化、暗黙知の見える化、農地環境や作業内容のデータ化など、業務を効率的に進める上での経営判断を、データを基に行うという動きが始まっています。また、これらのテクノロジーを活用するためのクラウドサービスを提供する企業も増えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  8. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る