千葉銀行など17地域金融機関、シンガポールの日本食見本市「Food Japan 2017」に協力

 千葉銀行は、平成29年10月26日(木)~28日(土)の3日間、シンガポールで開催される「Food Japan 2017」に17の地域金融機関とともに協力行として参加する。

「Food Japan(http://www.oishii-world.com/jp)」(※)は、シンガポールで毎年開催されているジャパンブランドに特化したアセアン市場最大の食品見本市です。
昨年は、農林水産業、食品加工業、食品機械販売業など 304団体が出展し、期間中の来場者数も11,000 名を超えるなど、バイヤーとの商談や一般消費者向けの商品マーケティング・販売の場として魅力的な催しとなっております。

※ 昨年までは「Oishii Japan」の名称で開催。

展示会 概要
1.会期
 平成 29 年 10 月 26 日(木)~28 日(土)の 3 日間
 ※一般入場は最終日のみ
2.会場:サンテック・シンガポール国際会議展示場
3.出展対象
 農水畜産品、加工食品・飲料、菓子・デザート、伝統工芸品、調理器具・厨房機器、食品製造機械、食品素材、農業技術等を取り扱う事業者
 注)シンガポールの輸入規制により出展対象とならない場合があります。
4.主催:Food Japan 実行委員会
5.後援(昨年)
 農林水産省、JETRO、国土交通省 観光庁、日本政府観光局、日本アセアンセンター、(一社)日本食品機械工業会、在シンガポール日本国大使館、シンガポール政府観光局 他
6.開催協力
 千葉銀行、足利銀行、伊予銀行、静岡銀行、七十七銀行、十六銀行、常陽銀行、中国銀行、長野県信用組合、八十二銀行、百五銀行、百十四銀行、広島銀行、福岡銀行、北陸銀行、北國銀行、武蔵野銀行、横浜銀行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. オランダにて中国版植物工場・日光温室が稼働。アジアの高湿度環境に対応可能な栽培技術を取得へ
     オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ…
  2. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  3. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  7. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ドーワテクノス、太陽光を有効活用した新しい農業資材。光合成促進調光ネットの国内販売を開始
     産業用設備の総合技術商社である株式会社ドーワテクノス(本社:福岡県北九州市、社長:小野裕和)は、台…
  2. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
ページ上部へ戻る