SBIエナジー、営農型太陽光発電所が千葉県匝瑳市で稼働開始

 SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、再生可能エネルギーを用いた発電事業等を行うSBIエナジー株式会社は、城南信用金庫、市民エネルギーちば合同会社、有限会社en、千葉エコ・エネルギー株式会社との共同事業となる「匝瑳メガソーラーシェアリング第一発電所」の商用運転を開始した。
SBIエナジー、営農型太陽光発電所が千葉県匝瑳市で稼働開始
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)とは、農地に支柱を立てて太陽光発電設備を設置し、営農を継続しながら太陽光発電事業を行う仕組みで、全国の耕作放棄地解消や農業振興、エネルギーの地産地消に加え、地域経済の活性化につながるモデルケースとして注目されています。

 本発電所は、千葉県匝瑳市の耕作放棄地約3.2haを利用して、最大出力1メガワットの太陽光発電を行うとともに、下部農地では、地元の農業生産法人による大豆や麦など付加価値の高い農産物の有機栽培を予定しております。

想定年間発電量は約1,424 MWh(20年平均)となり、一般家庭約288 世帯分(※1) の年間電力量を賄うとともに、約718t -CO2/kWh(※2)のCO2 削減に貢献します。

また、売電収入の一部を、地域の環境保全・農業振興に還元するとともに、営農支援を通じて、農産物のブランド化など地域活性化にも貢献してまいります。

 今回の共同事業は、日本初となるメガソーラーシェアリング事業向けプロジェクトファイナンスとして、市民エネルギーちばによって設立されたSPC「匝瑳ソーラーシェアリング合同会社」に対して、城南信用金庫が融資を行い、SBIエナジーが社債を引き受け、有限会社 en、千葉エコ・エネルギーが出資を行うかたちで参加します。

【発電所概要】
施設名称: 匝瑳メガソーラーシェアリング 第一発電所
設置場所:千葉県匝瑳市飯塚
事業者: 匝瑳ソーラーシェアリング合同会社
代表社員:市民エネルギーちば合同会社
職務執行者:椿 茂雄
発電開始日:2017 年 3 月 27 日
設備容量:1MW
想定年間発電量:約1,424MWh(20 年平均 / 一般家庭消費電力約288 世帯分)

※1 太陽光発電協会 表示ガイドライン(平成 28 年度)より、一般家庭の平均年間電力消費量を4,936kWh として試算。

※2 太陽光発電設備の CO2 削減効果:結晶系シリコン太陽電池の CO2 削減効果504.5g-CO2/kWh をもとに試算。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る