楽天とテレファーム、地域支援型農業(CSA)サービス「Ragri」を開始

 楽天株式会社と株式会社テレファームは、消費者と無農薬や減農薬などの農作物を育てる生産者をつなぐ、インターネットを介した地域支援型農業(CSA:Community Supported Agriculture)サービス「Ragri(ラグリ)」を開始する。
楽天とテレファーム、地域支援型農業(CSA)サービス「Ragri」を開始
CSAは、生産者が消費者から特定の生産物の発注を前払いの形で受けてから作付をすることで、計画的な生産と収入の安定化を図る、新たな農業の仕組みです。

一般的に、農業は、収穫の時期や量、価格動向、また天候などの外的要因によって大きく影響を受けます。CSAでは、そのリスクについても、消費者から同意を得た上で売買契約を結ぶことになります。

「Ragri」は、2016年6月に楽天が出資を発表したテレファームが運営していたサービス「遠隔農場テレファーム」をベースに、両社共同で、ウェブサイトおよびサービス内容を大幅にリニューアルしました。

ユーザーは、オーガニックや特別栽培農作物など、無農薬、無化学肥料にこだわった作物が中心のラインアップから、注文したい作物と生産者を選びます。
作物の種や苗から育てていく過程を、オンライン上の疑似畑の世話をしながら収穫を待ち、実際の作物の成育状況は、生産者から送られる写真やコメントで確認することができます。収穫を迎えた作物は、産地直送でユーザーの指定場所に届けられます。

「Ragri」はパソコンおよびスマートフォンのサイトにて、楽天会員IDによるログインで利用が可能となり、利用料も楽天会員IDによる決済サービス「楽天ペイ」での決済となるため、「楽天スーパーポイント」を貯めたり使ったりすることができます。

さらに、台風などの自然災害により、収穫が行えない場合や、各作物に設定されている最低収穫量を下回った場合、お支払いただいた栽培料相当額の「楽天スーパーポイント」が付与されます(注)。
今後、生産者とのコミュニケーション機能の追加や、少量多品目の野菜詰め合わせプランの導入など、サービスの拡充も検討しています。

「Ragri」では、消費者と生産者をつなぐプラットフォームを提供する以外にも、新規就農者の支援を行います。テレファームは、新規就農者の採用、研修をすでに愛媛県内で開始しており、今後全国に展開していく予定です。
楽天とテレファームは、「Ragri」を通じてCSAを推進するとともに、新規就農促進を積極的に行い、労働力不足や耕作放棄地の増加などの課題解決に寄与してまいります。
(注)「タネ・ナエ料」を除く

「Ragri」サービス概要
■名称: 「Ragri(ラグリ)」
■サービス開始日: 2017年4月5日(水)
■料金体系:
・契約時に初回分のタネ・ナエ料(初回のみ)および栽培料をお支払い
・初回以降は、契約期間に合わせて30日ごとに栽培料をお支払い
(※作物の種類や栽培時期、生産者によって、利用料と支払回数が異なります)
・送料は栽培料に含まれます
■決済方法: 楽天ペイ(各種クレジットカードに対応した楽天会員IDによる決済サービス)
■サービスURL: https://agriculture.rakuten.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  5. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  6. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る