アライドコーポレーション、エスニック料理に使用する生ハーブ&野菜の販売事業を開始

 食品商社・株式会社アライドコーポレーション(神奈川県横浜市)では、本場のエスニック料理で多用される生ハーブと野菜を、飲食店向けに販売する新事業「アライド・フレッシュ・サービス(AFS)」を2017年4月4日に開始した。
配送エリアは全国で、取り扱い品目は15種類ほどを予定しております。
アライドコーポレーション、エスニック料理に使用する生ハーブ&野菜の販売事業を開始
最近生産量が増加しているパクチーを除き、タイ料理をはじめとするエスニック料理に使われているハーブや野菜は、農薬等による輸入規制や生産量の少なさによる欠品など、これまで日本のエスニック料理店では安定した仕入れが難しい状況でした。
そのために他の食材で代用することも多く、本場の味を知るエスニック料理ファンにとっては物足りなさを感じることがありました。

当社では北は茨城から南は沖縄まで、複数の契約農園で現地のエスニック料理で使われるハーブや野菜を栽培。産地のリレー出荷により、安定供給と手頃な価格を実現しました。

また一部はタイ等から輸入します。特殊な鮮度保持袋に入れて商品を配送するため(一部商品除く)、鮮度のよさも特徴です。初年度は月10トンの出荷を目指します。

■本サービスの強み
・国内生産による安心品質と鮮度のよさ。
・産地リレーによる安定出荷と手頃な価格。
・鮮度保持袋に入れて出荷(青果物の種類による)。鮮度長持ち。
・従来手に入りにくかったエスニック料理現地の青果物もラインナップ。現地と変わらぬ料理を提供できる。
・冷凍品とは異なり、生なので香り抜群。

■サービス開始日
2017年4月4日(火)

■取り扱い品目(予定)
ガパオ
パクチー
スイートバジル(ホーラパー)
空芯菜
パパイヤ
赤小たまねぎ(ホムデン)
キーライム
パクチーファラン
ヤングコーン
スズメナスビ(マクワプワン)
唐辛子(プリックキーヌー)
タイしょうが(カー)
タイわけぎ(トンホーム)
カイラン菜(パックカナー)
レモングラス(タックライ)

■規格
100g・250g・1kg・グラム売り(青果物の種類による)

■配送エリア
全国(週2回出荷)

■事業紹介サイト
http://allied-thai.co.jp/news/5969/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
ページ上部へ戻る