イオンカンボジア、食品・日用品に特化したスーパーマーケット1号店を開業

イオンカンボジアは3月31日、カンボジアの首都プノンペンに「イオン マックスバリュエクスプレス ルセイケオ店」をオープンする。当店は、カンボジアにおける、イオンのスーパーマーケット(SM)1号店となります。
カンボジア・イオン、食品・日用品に特化したスーパーマーケット1号店を開業
プノンペンはカンボジア経済の中心地として、ニューファミリー向けの住宅地の開発や新たな街づくりが進められる等、急速な経済発展を遂げています。

生活水準の向上に伴い、近代的な小売店舗に対するニーズが高まる中、イオンカンボジアは、2014年6月に開店した総合スーパー(GMS)1号店のイオンプノンペン店を拠点として、カンボジアにおける市場調査、商品調達の安定化を進め、SMの事業化に向けた基盤づくりに取り組んでまいりました。

このたびカンボジアにおけるイオンのSM1号店としてオープンする当店は、食品スーパーとして鮮度の高い生鮮品を中心に、生活必需品、デリカ・カットフルーツなど即食簡便食品の品揃えを強化するとともに、地域のお客さまのニーズに合わせ、コンパクトで買い回りしやすく、日々のお買物に便利な店舗を目指します。

■当店の立地・商圏
当店は、プノンペン市中心部から北へ約10kmのルセイケオ区に位置し、幹線道路である国道5号線から西に1kmの「ボレイ ペンフット」内に立地しています。

「ボレイ」とはカンボジア語で巨大集合住宅地という意味で、同住宅地内に1,200戸の住宅を有し、ニューファミリー世代に人気の住まいとなっています。当店は同地へ入るゲート前に位置しています。

また隣接する「ボレイ ヴィミエンプノンペン」にも600戸の住宅が入居しています。幹線道路に近いため車でのアクセスもよく、さらなる住宅開発も計画されていることから、今後も発展が見込める地域です。

■当店の店舗の特徴
<小型スーパーの利便性を提供>

カンボジアのお客さまにとって「身近で生活に必要不可欠な存在」となるべく、日々便利にご利用いただける買物の場をご提供します。

毎日の生活に必要なものを1ヶ所で買い揃えたいという地域のお客さまのニーズにお応えするため、果実・野菜、魚、肉などの生鮮品、ハム・ソーセージ、乳製品などの冷蔵品、短時間で調理可能な冷凍商品に至るまでコンパクトに取り揃えます。

<すぐに食べられる お惣菜コーナー「Ready To Eat」の強化>
共働きが多いカンボジアのご家庭事情や交通渋滞のため帰宅に時間のかかるプノンペンの立地を考慮し、即食商品「Ready to eat」の品揃えを拡大します。

お弁当、お惣菜はもちろん、カンボジアのお客さまに人気のお寿司・お刺身やおにぎり、また、カットフルーツ、カットサラダなどの野菜・果物をすぐにお召し上がりいただけるよう加工して、ご提供します。
また、店内にはイートインコーナーを設け、お買い求めいただいた商品をその場で召し上がれるスペースも導入しました。

■イオン マックスバリュエクスプレス ルセイケオ店の概要
・店舗名称:
 AEON Maxvalu Express Reoussey Keo
 (イオン マックスバリュ エクスプレス ルセイケオ店)
・住所:
 Borey Peng Huoth the Star Premier in Sangkat Chrang Chamres I,
 han Reoussey Keo, Phnom Penh, Cambodia
・開店日:2017年3月31日 午前9時
・営業時間:8:00~21:00(年中無休)
・直営面積:437.5㎡
・駐車場:車30台、バイク15台
・店長:Sao Tevorith(サオ テヴリット)
・従業員数:15人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. オランダにて中国版植物工場・日光温室が稼働。アジアの高湿度環境に対応可能な栽培技術を取得へ
     オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  9. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  10. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る