JTBグループが千葉の農業法人に出資、6次産業化事業に参画

 JTBグループの株式会社JTBコミュニケーションデザインは、株式会社愛彩畑へ出資し、農業ビジネスに参画する。
愛彩畑は、農業生産法人8社からなるカズサの愛彩グループの中核企業として、グループ内外の地域の農作物の流通販売機能を担うとともに、農産物直売所、グルメエリア、BBQガーデンからなる複合施設「カズサの郷 愛彩畑」の運営をスタートする。
JTBグループが千葉の農業法人に出資、6次産業化事業に参画
また、カズサの愛彩グループ各社で運営する周辺の観光農園や貸し農園と連携し、各農園で栽培した農産物の販売等を通じて、千葉県の上総地域ならではの「農業」と「食」が、「美味しく、楽しく」繋がり、多くの方が集う「農と食に関する交流拠点」を目指します。

 JTBコミュニケーションデザインは、愛彩畑において、①ホテルや飲食店等法人向けのセールス支援、②集客PR支援、③イベント企画実施支援、④指定管理者・PFI事業で培った施設運営ノウハウを活かした経営支援を行います。

集客PRやイベント企画では、複合施設「カズサの郷 愛彩畑」や野菜ブランドの認知度向上とともに、千葉県君津市の農作物の魅力を発信するため、都内カフェとのコラボレーションイベントや、千葉県君津地域の野菜について学び収穫体験ができる夏休み千葉再発見講座、また、ハーブや旬の食材を活かした料理教室など、様々なイベントの実施を予定しています。

このような取り組みを通して、日本版DMO(Destination Management/Marketing Organization)や、地方創生に貢献する施設運営事業を目指します。

【カズサの郷 愛彩畑】
■施設名称:カズサの郷 愛彩畑
■施設オープン:2017年4月8日(土)
■施設概要:農産物直売所(ショップ)、グルメエリア、BBQガーデン、ワークショップスペース

■ショップ販売商品例:
  ・グループ施設野菜(カズサの愛彩グループ農場の葉物野菜、ハーブ、トマト、苺など)
  ・路地野菜(旬の味にこだわったグループの露地野菜や、朝堀り筍、原木椎茸など)
  ・地元農家さんが持ち寄る四季折々の新鮮野菜や山菜など
  ・地域特産品(養鶏が盛んな上総地域の様々な卵商品)
  ・加工品(グループの野菜を自社で加工し、愛彩畑ブランドとして販売しています。
   ジュースやジャム、ハーブ商品など)

■グルメエリア店舗紹介:
  ・「PIZZAMAN KURURI」中目黒・聖林館、ピッツァマン大井町の柿沼進が、君津に初登場。
    カズサの採れたて新鮮なトマトや野菜を使った薪釜で作る美味しいピッツァ
  ・「LOVE VEGE」 自社野菜を使ったサラダバーやスムージーなど
  ・「らーめん愛彩流」 自社野菜をふんだんに使ったヘルシーなオリジナルらーめんが人気です。
    トマトらーめん、ベジパイタンらーめんなど
  ・BBQエリア(2017年夏オープン予定)

■施設住所:〒292−0434 千葉県君津市向郷1687−1
■施設TEL:0439−50−5181
■周辺施設:観光イチゴ園「くるべりーファーム」、観光トマト園「カズサとまとガーデン」、会員制リゾート型貸し農園「カズサ愛彩ガーデンファーム」
■公式Webサイト:http://www.aisaibatake.com/

【カズサの郷 愛彩畑 会社概要】
■社名:株式会社愛彩畑
■代表取締役社長:小澤浩二
■所在地:〒292−0434 千葉県君津市向郷1687−1
■株主構成:株式会社アグリアドバンス、 株式会社アグリライフ倶楽部、株式会社JTBコミュニケーションデザイン
■事業内容:農産物直売所の運営、飲食事業、イベント企画実施、農作物の仕入販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  6. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る