JWP、農業IoT ハウス内の環境計測システムを販売

株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック(JWP)は、農業用ハウス内の温度、湿度、CO2 濃度および気圧を標準で計測できるほか、静止画撮影用のカメラを装備する、新たな農業IoT システム「あぐりクラウド™ LIGHT (ライト)」を2017年6月に発売する。

利用者がスマートフォン(スマホ)などで、手軽にハウスの環境やカメラ画像を確認できるのが特徴。通信は、携帯と同じ通信機の他、Wi-Fi、オプションで920MHz 帯無線に対応している。

ハウス内の温度、湿度、CO2 濃度(二酸化炭素)および気圧を計測可能なセンサーを標準で装備し、カメラで静止画の取得が可能。価格は、8 万8 千円(消費税、通信費等は別)。また、利用者は、ハウス内の家庭用電源に接続するだけで、簡単に設置・運用が可能。小・中規模農家での導入を考慮し、従来品より小型化・低価格化した。
JWP、農業IoT ハウス内の環境計測システムを販売
背景
同社では、同じハウス内で栽培しているにもかかわらず、場所によって作物の生育が異なってしまうという農家の問題を受け、手軽にハウス内の情報を可視化し、原因の究明や対策、監視などに活用できる製品として2015年からあぐりクラウド™を販売している。

これまでの利用者の意見を集約し、より安価で利用しやすいモデルとして、あぐりクラウド™LIGHT(ライト)を新たに販売する。
JWP、農業IoT ハウス内の環境計測システムを販売
農業IoT サービス・あぐりクラウド™について
農業IoTサービス「あぐりクラウド™」は、電源と携帯の電波があれば、どこでも簡単にはじめられる圃場環境モニタリング システムです。ワイヤレスゲートウェイ(3G、920MHz 帯無線コーディネータなど)を搭載しており、920MHz帯無線は最大16ホップまでの通信に対応しているため、広域でのセンシングが可能です。

収集した各センサーデータは、3Gで一括してクラウド上に伝送するため、最小限の通信費用でトータルランニングコストを抑えた運用が可能です。
詳細URL: http://agricloud.j-world.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
ページ上部へ戻る