オイシックスのN1サミット金賞はフィルム水耕栽培トマトが受賞。植物工場など最新技術が普及

「N-1サミット2017」において、全国1000軒以上のカリスマ農家の中から最も多くの消費者に感動を与えた農家を表彰する「農家・オブザイヤー」にて、フィルム水耕栽培の「みつトマト」、LED補光による水耕栽培の「かがやケール」などが選ばれた。

第13回目となる今回は、総勢13名のノミネート者の中から「みつトマト」をつくる伊原 努さん(千葉県)が最高金賞に選ばれました。みつトマトは土ではなく、”薄い透明なフィルム”を活用し、僅かな水分だけを通す性質があるそのフィルムを活用することで、糖度の高いトマトの育成に成功しています。伊原さんは今回で7年連続入賞となり、昨年は銀賞でしたが、今回は最高金賞受賞となりました。

銀賞には「かがやケール」をつくる小山 竜平さん(兵庫県)が初ノミネート、初受賞となりました。土で育てるケールが多い中、かがやケールは水耕栽培を採用。特殊な赤と青のLEDライトの光を絶妙に調整することで、食べやすいやわらかさや味わいを実現しました。

また、銅賞には、「子大豆もやし」をつくる川口 康三さん(長野県)が選ばれました。この子大豆もやしは、生鮮野菜で日本初の機能性表示食品に認定されたもやしです。昨年の銅賞に続き、2連続銅賞を受賞しました。

今年のN-1サミットのテーマはアグリテックでしたが、農家・オブザイヤーでは最新の農業技術を活用した生産者が上位を飾り、テクノロジーを活用した農業が消費者にも受け入れられていることが伺える結果となりました。

テクノロジーを活用する生産者が上位を独占!受賞者の商品特徴

最高金賞!ころんと真っ赤な“みつトマト”
特殊なフィルムを活用し甘いトマトを実現
・生産者:伊原 努さん(千葉県) / 商品名:みつトマト

オイシックスのN1サミット金賞はフィルム水耕栽培トマトが受賞。植物工場など最新技術が普及
<商品特徴>
若手生産者、伊原さんのみつトマトは、名前のとおり“みつ”のように甘いトマトで、お子さんを含む多くのお客様の心をつかみました。

ビニールハウスで作る土を使わない水耕栽培で、医療分野でも使われている特殊なフィルムを活用し、根から吸収する水分を細かく調整し制限することで、甘みやうまみが凝縮されたフルーツのようなトマトにする、高い技術を持っています。今回を含め、7年連続入賞し、今年は最高金賞を手にしました。

銀賞!おいしく食べてキレイをサポート “かがやケール”
LEDを活用した栽培で初受賞
・生産者:小山竜平さん(兵庫県) / 商品名:かがやケール

オイシックスのN1サミット金賞はフィルム水耕栽培トマトが受賞。植物工場など最新技術が普及
<商品特徴>
ケール独特の嫌味がなく、やわらかい葉のため、サラダとして生で食べることができます。土で育てるケールが多い中、特殊な赤と青のLEDライトの光による水耕栽培によって、食べやすい柔らかさや味わいを実現し、多くのお客さまから評価され、初ノミネート、初受賞を果たしました。

銅賞!女性にうれしい “子大豆もやし”/栄養価に優れるもやしがおいしさでも評価
・生産者:川口 康三さん(長野県) / 商品名:子大豆もやし

<商品特徴>
一般的なもやし(緑豆もやし)(※1)と比較して、葉酸が3倍、カルシウムが3.7倍含まれます。また、脳内に存在する「GABA」、成長ビタミンと言われる「ビタミンB2」、「大豆イソフラボン」が含まれています。

このもやしは種の産地・品種をしっかり把握し、中央アルプスの駒ケ岳の伏流水のみでじっくり育てられました。通常の緑豆もやしよりも、しっかりしているので炒めるとシャキシャキとした食感が楽しめます。昨年に続き、2年連続銅賞を受賞しました。
(※1)メーカー緑豆もやし分析データ比較

■ 農業界の活性化を目指す「N-1サミット」とは
「N-1サミット」は、将来の農業会を背負って立つ、自信と気概を持って農業に取り組む人たちが集い、学び、考え、交流し、称えあう場として、農業界の活性化を目指すイベントです。2000年からスタートし、今年で8回目の開催となりました。
今回のテーマは、「アグリテック」です。イベント当日は、農作業を楽にする農機具の電動化キット、畑の湿度、日射量などをデータ化できるセンサーなど、最新のアグリテックを参加生産者が体験しました。

<N-1サミット2017 開催概要>
・日時:  2017年3月14日(火)13:30~18:00(受付13:00~)
・会場:  品川区立総合区民会館「きゅりあん」(東京都品川区東大井5-18-1)
・主催:  N-1サミット実行委員会
・後援:  農林水産省
・N-1サミットwebサイト: http://www.oisix.com/shop.n1–index__html.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  4. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
ページ上部へ戻る