スマホ連動型のIoT水耕・植物工場キットの新ラインナップ「foop Lite」を販売開始

 アドトロンテクノロジー株式会社は、スマートフォン連動・クラウドインテリジェントの日本初のIoT水耕栽培機「foop」の新ラインナップである「foop Lite」を3月21日より公式ウェブサイトにて発売開始する。
新しい商品は「foop」の基本機能を継承しながらも、お求めやすい価格設定の新しいベーシック・モデルとなっている。

スマホ連動型のIoT水耕・植物工場キットの新ラインナップ「foop Lite」を販売開始
・標準価格:38,500円(税別)
・発売キャンペーン(初回100台限定)
  特別価格:32,800円(税別)
  6種類(約半年分)の種子セットの無料提供

『foop』は、日本発のスマートフォン連動型のIoT水耕栽培機で、日々の野菜栽培の状況について複数のセンサーが検出する環境データを専用アプリで確認することが可能であり、野菜毎の育成(レシピ)機能により、エアーポンプ、LED照明、ファンの強弱の調整機能のほか、クラウド技術を通じてユーザーの野菜栽培をサポート、栽培を成功に導くさまざまな機能を備えた「インテリア野菜コンピュータ」です。

今回発売を開始する『foop Lite』は、基本機能はそのままにお求めやすい価格を実現した新しいベーシック・モデルです。発売キャンペーンとして初回100台を特別価格にて販売、また6種類(約半年分)の種子セットを進呈いたします。

foop公式ウェブサイト:https://foop.cestec.jp
foop Lite販売ページ:https://foop.cestec.jp/ja/variation02

会社概要
アドトロンテクノロジーは、世界有数のスイッチング電源、冷却ファンメーカであり、またパワーマネジメント、電子部品、ディスプレイ、FA、ネットワークから再生可能エネルギーソリューションまで広範に渡る機器とサービスを提供しているデルタ電子グループの企業です。