日本IBM、企業向けの気象情報提供サービスを開始

 日本IBMは気象庁の定める気象予報業務の許可を取得し、自社の気象予報士が24時間365日、リアルタイムにアジア・太平洋地域の気象予報を行う気象予報センターを本社内に開設し、気象予報や気象データを企業向けに提供するとともに、それらを活用したソリューションの提供を開始します。

 農業や漁業をはじめ、小売業や運輸、旅行、イベントのみならず、金融業や製造業などあらゆる業種は気象に影響を受けており、短期で狭域あるいは中長期で広範囲な地域の気象まで多様でより正確な予報が求められています。

 IBMは全世界25万カ所以上の計測点や毎日5万回以上の航空機のフライトから収集する膨大なデータを分析することによる高精度の気象予報、および航空業界をはじめさまざまな業界向けの気象関連サービスを提供してきたThe Weather Company(TWC)の製品およびテクノロジー事業を2016年1月に買収しました。

同年6月には、TWCのグローバルな予測モデルとIBMが開発した短期で狭域(約0.3kmから1.9km四方ごと)なハイパーローカル気象予測を組み合わせた新しい気象予測モデルである「Deep Thunder」を発表しました。
Deep Thunderは機械学習を活用して気象データの実績を学習することで、気象がビジネスに与える影響を予想します。

IBMが提供する気象サービスの特徴は、こうしたTWCの実績とこれまでのIBMの研究成果に基づく高精度の気象予報を活用できることです。

さらにこれらのデータと、IBM(R) Watsonをはじめとする最先端のコグニティブ技術や全世界で培ってきた業界・業種ごとのノウハウを融合することで、気象予報がもたらすビジネスへの影響についてのお客様の意思決定を支援するコンサルティング・サービスが提供可能となります。また今後、IBM Watsonを活用し気象予測の精度をさらに高めていきます。

 今回提供を開始するサービスは、日本IBMの本社事業所内に設置された「アジア・太平洋気象予報センター(APFC:Asia Pacific Forecast Center)」で気象予報士が、海外の気象局や日本の気象庁、Deep Thunderなどの数値予報モデルのデータ、レーダーやアメダスなどの実況資料をもとに修正し、1時間ごとに(1~3時間先の短時間予報ではレーダー等の観測データを用いて15分間隔で)気象予報データを作成して以下のように企業向けに提供します。

1)The Weather Companyデータ・パッケージ:
 現在の気象や将来の予報、季節的な気象状況や悪天候に関する気象データなど広範なデータを利用できます。クラウド経由で迅速かつ簡単に気象データのAPIにアクセス可能で、必要なデータを、通知、予報データ、画像等を含めた様々な形式で提供します。

すでにIBMの統計解析ソフトウェアであるSPSS Modelerを利用しているお客様は、追加サービスとしてこれらのデータの取得が可能となります。さらに、航空業界、電力業界、メディア業界といった業界要件に応じたパッケージ・ソリューションも提供します。

データに加えて、例えば気象予報データから予報を3D地図上で動画として可視化したり、表形式やグラフなどに簡単に加工したりできるツールなどがあらかじめパッケージされ、すぐに利用できます。

2)個別のお客様向けソリューション構築サービス:
 個別のお客様の要件に応じて気象予報データの活用ソリューションの構築を支援するサービスです。IBMクラウドを活用したSaaS型アプリケーションを構築できます。

The Weather Companyサービスについて http://www.ibm.com/ibm/jp/ja/weather.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  4. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る