阿蘇の2大産業「農業」と「観光」を連携、レストランバスで創造的復興へ

 一般社団法人GIAHSライフ阿蘇は、阿蘇の農業・観光業の創造的復興の足掛かりとして、2017年春に阿蘇エリアでレストランバスツアーを開催します。
阿蘇の2大産業「農業」と「観光」を連携、レストランバスで創造的復興へ
実施にあたっては東北・熊本にて食分野での産業復興支援を行う一般社団法人東の食の会と、全国各地で“そこにしかない日本を食べよう!”をコンセプトにレストランバスを使った地方の魅力創出を行うWILLER株式会社が企画支援を行います。

 平成28年熊本地震は多くの人命、家屋を奪うにとどまらず、熊本の観光業への風評被害という大きな爪痕を遺しました。これまでにも「九州ふっこう割」などが実施され、一部の観光客は戻ってきていますが、飲食店やペンションなど小規模な事業者は今なお苦しい状況におかれています。

 そこで今回、阿蘇の2大産業と言われる「農業」と「観光」が連携して、阿蘇を震災前以上により良い状況へと発展を目指す「創造的復興」の実現のための旗印として「レストランバス」の運行実施を決定しました。
世界農業遺産へも認定された優れた草原維持システム・生物多様性を持つ阿蘇の大自然の中で、生産者と出会い、食事をする、今までにない贅沢な時間を提供します。

■運行概要
・運行日程 : 4月8日(土)運行開始(~6月迄)
・運行時間 : Lunch:12:00~15:00  Dinner:16:00~19:00
・販売価格 : ¥10,000/人(税抜) (食事、1ドリンク付)
・定 員  : 25名/便(事前予約申込制)
・メニュー : 阿蘇赤牛のハンバーグ、湧水ヤマメの塩焼きフリット、地酒、他
・訪問先  : 水源、農園、牧野、田植えなど(※時期に寄る)
・コース  : 阿蘇南・田園満喫コース、阿蘇北・草原満喫コース、他 (※時期に寄る)
・企 画  : 一般社団法人GIAHSライフ阿蘇
・販売開始 : 3月17日(金)13:00より(ツアーは順次公開予定)
・予約方法 : WEB( http://travel.willer.co.jp/restaurantbus/ )/電話(0570-200-770)

■レストランバス
WILLER株式会社が、「移動」と「食」の融合により地方の魅力を広く発信することを目指して開発した、日本初オープントップの2階建てレストランバス。1階がキッチン、2階が食堂席となっており、産地や蔵を巡りながら生産者たちと交流しつつ、そこで採れた食材を味わう、新たなフードツーリズムを可能にする。2016年4月より新潟、東京、沖縄で順次運行を実施し好評を博している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  3. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  4. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  5. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  6. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  7. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  8. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・トロントの新プロジェクト。建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー(Agri-Tecture)」
     カナダでは各都市による「グリーン・シティ」開発が進められており、例えば、バンクーバー市は2020年…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
ページ上部へ戻る