ミニストップによる企画・開発「トップバリュ・サンドイッチ」をイオングループで販売

 イオンは、サンドイッチなどの軽食需要が高まる春にむけて、3月22日(水)より全国のグループ4,800店舗で、ミニストップが中心となって企画・開発した「トップバリュ サンドイッチ」最大10品目を順次販売する。

サンドイッチについてグループで最も高いノウハウを持つミニストップの企画力と、グループのスケールメリットを最大限に活用し、素材・製法にこだわり“おいしさ”を進化させながら、お手軽価格を実現しています。

なお、コンビニエンスストアのミニストップがGMSやSM等を含めたグループ共通のトップバリュ商品を開発するのは、このたび発売するサンドイッチが初めてです。
ミニストップによる企画・開発「トップバリュ・サンドイッチ」をイオングループで販売
新鮮シャキシャキ野菜と、しっとり、ふわふわパンで作った
トップバリュのサンドイッチ

 おいしさの決め手となるパンは、最良質の小麦粉を使用し、小麦本来の味と香りを引き出すこだわりの製法で作りました。さらに、高まる健康志向にお応えするため、「野菜ミックスサンド」では野菜の量を約30%増量※1しました。

また、品質を上げる一方、これまで各社それぞれで調達・製造していたものを、グループで原料を一括調達するとともに、エリアごとに同じ製造委託先※2で作ることにより、コストはおさえてお手頃価格を実現しています。

※1ミニストップ従来品と比較
※2同一製造委託先の複数工場で製造する場合を含みます。

【「トップバリュ サンドイッチ」販売概要】
発売日:3月22日(水)
※ミニストップは3月21日(火)発売です。その他店舗でも発売日が異なる場合があります。
販売店舗:沖縄を除く全国のグループ4,800店舗
※主な屋号:「イオン」「イオンスタイル」「ミニストップ」「イオンスーパーセンター」「マックスバリュ」「ダイエー」「ピーコックストア」「KOHYO」「マルナカ」「山陽マルナカ」「ザ・ビッグ」「アコレ」「まいばすけっと」等

品目数:10品目
(1)ミックスサンド       本体価格232円(税込250円)
(2)野菜ミックスサンド    本体価格260円(税込280円)
(3)レタスサンド       本体価格232円(税込250円)
(4)ジューシーハムサンド   本体価格260円(税込280円)
(5)ベーシックサンド     本体価格232円(税込250円)
(6)ハムたまレタスサンド   本体価格260円(税込280円)
(7)てりたまレタスサンド   本体価格276円(税込298円)
(8)たっぷりツナたまごサンド 本体価格204円(税込220円)
(9)たっぷりたまごサンド   本体価格204円(税込220円)
(10)ハムカツたまごサンド  本体価格213円(税込230円)
※取扱い商品は地域、店舗によって異なります。
※ミニストップのみパッケージが異なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  2. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  3. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  9. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る