道の駅神戸 “地産地消”体感アミューズメント施設「FARM CIRCUS」が3月30日オープン

 株式会社北神地域振興が運営する、道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢「FARM CIRCUS」が2017年3月30日にオープンする。神戸市の観光情報の発信はもちろん、“地産地消を遊ぶ施設”をテーマに、地元の産業を体感できる企画・施設を盛り込んだ、従来の道の駅よりさらに体験型のアミューズメント施設です。
道の駅神戸 “地産地消”体感アミューズメント施設「FARM CIRCUS」が3月30日オープン道の駅神戸 “地産地消”体感アミューズメント施設「FARM CIRCUS」が3月30日オープン道の駅神戸 “地産地消”体感アミューズメント施設「FARM CIRCUS」が3月30日オープン
●「FARM CIRCUS」: http://fruit-flowerpark.jp/farm-circus/

ユニークな取り組みとしては、近隣農場へ繋ぐ「FARM BUS」の運行、「FARM YARD」広場で開催予定の多様なイベントや足湯などがあります。商品化された名産品を購入するだけでなく、その生産者との繋がりや地域の活性化を促します。
さらにサーカスの小屋を連想されるような、巨大テントを中心に構成された園内で、ワクワクした時間をお過ごしください。

【施設案内】
<FARM CIRCUS MARKET>

『神戸の良いものをお届けしたい』という思いで厳選した、神戸産の名品を販売するマーケットです。地元農家から仕入れた旬の野菜や果物、地元産のアルコールドリンクや調味料まで幅広くそろえています。
さらに精肉の切り分けや、精米サービス、神戸の蔵元・福寿の生酒の量り売りなど、こだわりの専門カウンターをご用意、お好きなものをお好きなだけご購入いただけます。

<FARM BUS , FARM CIRCUS INFO>
近隣農家を支える取り組みの一環として、農地と繋がるFARM BUSを運行します。平日には地域の方にお気軽にご利用いただける、コミュニティバスとしても活躍します。
FARM CIRCUS INFOでは観光情報の発信はもちろん、大人も子供も楽しめる食育イベントを随時開催予定。神戸や食にまつわるライブラリーも自由ご利用いただけ、ゆっくりおくつろぎいただけます。

【施設概要】
オープン日:2017年3月30日(木)
営業時間:<MARKET>10:00~18:00
     <INFO, CAFE>10:00~20:00
     <DAYS KITCHEN>10:00~21:00
     <フルーツ・フラワーパーク>9:00~17:00(※店舗によって異なる)
所在地 :兵庫県神戸市北区大沢町大沢2150

【企業案内】
会社名  :株式会社北神地域振興
代表取締役:不老 嘉彦
所在地  :兵庫県神戸市北区大沢町大沢2150
      (神戸フルーツ・フラワーパーク大沢内)
事業概要 :道の駅運営

【共同提案者】
会社名:JA兵庫六甲
所在地:兵庫県神戸市北区有野中町2-12-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  3. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  4. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  5. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  10. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
ページ上部へ戻る