TPCマーケ、2015年度の肥料・土壌改良材市場は約1,928億円

 TPCマーケティングリサーチ株式会社は、肥料・土壌改良材市場について調査結果を発表した。2015年度の肥料・土壌改良材市場は、前年度比 0.3%減の1,928億円となり、今後も横ばいが続くことから、今後は、国内需要が伸び悩む中で、いかに海外市場で需要の取り込みを図るかが鍵を握る、という。
TPCマーケ、2015年度の肥料・土壌改良材市場は約1,928億円
【調査結果】
■2015 年度の肥料・土壌改良材市場は 1,928 億円となった。

・2015 年度の肥料・土壌改良材市場は前年度比 0.3%減の 1,928億円となった。

・日本の肥料を取り巻く現状については、(1)農家の高齢化や後継者不足による農業従事者の減少、(2)化学肥料減肥政策、(3)輸入農作物の増大などにより減少傾向にあり、今後も大きな増加に転じる可能性は予期しにくい。

・ただ、環境に優しい・安全性といった製品が求められる中で、これらの需要にマッチした製品の需要は伸びる可能性がある。

・なお、2016 年度(見込)も、前年度比 0.4%減の1,920 億円となる見込み。今後は、国内需要が伸び悩む中で、いかに海外市場で需要の取り込みを図るかが鍵を握る。

■種類別では、化成肥料が911.5 億円でトップ。
・種類別では、化成肥料が911.5 億円でトップとなった。次いで、配合肥料が518.5 億円、単肥が154.5 億円、普通肥料その他が124.5 億円、複合肥料その他が100 億円、政令指定土壌改良材が78.8 億円、有機質肥料が40.2 億円で続いている。
TPCマーケ、2015年度の肥料・土壌改良材市場は約1,928億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  6. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  2. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  3. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る