クボタのディーゼルエンジン、世界の最新排ガス規制に対応。200馬力以下でも世界トップシェアへ

 クボタでは、欧州で2019年より実施される欧州排ガス規制(欧州StageV)に対応した、新しいディーゼルエンジン「V5009(排気量5.0L)」開発いたしました。100馬力以下で世界トップシェアの実績に加え、新エンジンを主に建設機械・産業機械メーカーに供給することで、200馬力以下で世界No.1産業用エンジンメーカーを目指します。
クボタのディーゼルエンジン、世界の最新排ガス規制に対応。200馬力以下でも世界トップシェアへ
背景
・当社は産業用小型ディーゼル・ガソリンエンジンメーカーとして長年培ってきた高い技術力を生かし、農業機械や建設機械が対象となる日米欧の最新排出ガス規制に対応したエンジンを早期に開発、欧州・北米(EPA※1、CARB※2)・ 日本など各国の認証を取得し、市場投入を行ってまいりました。

・全世界で地球環境の保全意識が高まり、エンジンの排出ガス規制が各国にて年々強化される中、各建産機メーカーは、 最新の規制に適合したエンジンの搭載が義務付けられ、排ガス後処理装置の採用など様々な排出ガス対応が求められています。

・新製品V5009は2019 年から順次施行が予定されている、PM粒子数の規制される欧州 StageVに適合するエンジンとして市場投入します。

・当社は、建産機メーカーからの多様なニーズに応え続けることにより、100馬力以下で世界のトップシェアを誇っています。今回、新たに200馬力帯にもラインアップを拡充することにより、200馬力以下で世界No.1産業用エンジンメーカーを目指します。

※1 EPA(Environmental Protection Agency):米国環境保護庁。市民の健康保護と自然環境の保護を目的とするアメリカ合衆国連邦政府の行政機関。

※2 CARB(California Air Resources Board):米国カリフォルニア州大気資源局。カリフォルニア州の大気汚染を防止するカリフォルニア州政府の行政機関。

V5009エンジンの概要・特徴
[1]高出力かつ低燃費

単位排気量あたり最大出力を引き出すだけでなく、同じ出力クラスで最高レベルの低燃費性能を実現しました。

[2]4気筒によるコンパクトデザイン
排気量:5.0L
気筒数:4
出力:157.3kW
後処理装置:SCR※3、+DPF※4

※3 SCR(Selective Catalytic Reduction):選択触媒還元。ディーゼルエンジンの排気中の窒素酸化物(NOx)を浄化する技術。

※4 DPF(Diesel Particulate Filter):ディーゼルエンジンの排出ガスに含まれる粒子状物質を捕集する排ガス後処理装置(フィルター)。最も厳しいとされる欧州StageV規制に適合するために要求される技術。

[3]建産機側での設計柔軟性とメンテナンス性の向上
動力の取り出し口のオプションを3箇所採用し、ユーザーのメンテナンス性を向上しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  5. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  6. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
ページ上部へ戻る