アグア商事と中国江蘇省農業科院加工所など、鮮度保持・空間静電場技術の研究センターを設立

 食品の鮮度保持を実現する空間静電波技術『DENBA+』のアグア商事株式会社と、同社の製品を販売する中国現地法人の鲜立达保鲜科技有限公司、中国江蘇省農業科院加工所は、DENBA+食品鮮度保持応用研究センターの設立の締結と除幕式を実施した。

DENBA・空間静電場鮮度保持技術を保有するアグア商事株式会社からは、社長の後藤錦隆 氏、常務取締役の近藤加奈子 氏、中国現地法人と江蘇省農業科院加工所の関係者が出席した。
アグア商事と中国江蘇省農業科院加工所など、鮮度保持・空間静電場技術の研究センターを設立アグア商事と中国江蘇省農業科院加工所など、鮮度保持・空間静電場技術の研究センターを設立

DENBA空間静電場鮮度保持技術について、中国での普及と応用を目指し、各関係者が連携するために研究センターを設立することに合意した。合意内容に基づき、鲜立达保鲜科技はDENBA試験関連設備を提供し、江蘇省農業科院が、家畜の肉製品の鮮度保持の応用や農作物の加工領域の研究を実施する、という。

 DENBA+は独自技術により冷蔵庫内に静電波をつくり、電子微細振動の影響で0℃~マイナス4℃の氷点下領域でも、水の分子の「個体」化(凍結)が起こらないチルド環境を実現。氷点下のチルド状態で鮮度を保持でき、菌の増殖を抑制できる。
また、凍らないので食品の熟成が進み、うま味がアップする効果もある、という。
<写真は同社ウェブサイトより>
アグア商事と中国江蘇省農業科院加工所など、鮮度保持・空間静電場技術の研究センターを設立
アグア商事株式会社 http://denba-plus.com
江蘇省農業科院 http://newifpp.jaas.ac.cn/html/2017/xwzx_0220/99.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  2. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
ページ上部へ戻る