ガーデニング先進国イギリスの企画商品を専門サイトでアピール。介護施設などの園芸治療にも応用

 ガーデンライフスタイルメーカーである株式会社タカショーは、当社の主力ガーデニング用品『VegTrug®(ベジトラグ)』シリーズの専門ウェブサイトを2月14日より公開した。

近年、お庭やベランダで家庭菜園を楽しんだり、住宅の中でインドアグリーンといわれる観葉植物や多肉植物などを育てて楽しまれる方が増えてきました。植物や自然と触れ合うことで日頃のストレスを発散、またオーガニック食材が注目されている今日、ご自身で野菜を育てて食する楽しみ方が流行しています。
ガーデニング先進国イギリスの企画商品を専門サイトでアピール。介護施設などの園芸治療にも応用
※ 専門WEBサイト http://vegtrug.jp/

同ウェブサイトでは、商品について詳しく紹介するだけでなく、ガーデニングや家庭菜園として利用する際の商品の楽しみ方についても紹介。例えば、自家栽培をする喜びや家庭菜園を通して学べる楽しさについてもご説明しております。

また、家庭での楽しみ方だけでなく、カフェ、学校、介護施設など様々なご利用シーンごとにページを設け、シーンごとにおススメの『VegTrug®(ベジトラグ)』商品をご紹介しております。ウェブサイトをご覧になられた方のニーズにピッタリと合う商品を紹介し、その商品の詳しいご利用方法も併せて掲載しております。

『VegTrug®(ベジトラグ)』シリーズについて
 当社のガーデニング用品の中でも一番の人気を誇る『VegTrug®(ベジトラグ)』シリーズはイギリス発祥の“レイズドベッド“といわれる床面を高くした花壇を指します。

ガーデニング先進国でもあるイギリスで商品企画された同シリーズはオーガニック食品、LOHAS、地産地消といった安心安全な野菜へのニーズが高まったことから生まれました。

ちょっとしたスペースでも簡単に菜園を作ることができ、日本でも今イチオシの商品となっております。“レイズドベット”といわれる同シリーズは床面が高くなっているため、車いすに座ったまま作業ができたり、腰やひざを曲げて負担をかけることなく作業ができることから、意外にも介護施設にてガーデンセラピーの一環として親しまれております。

人にやさしいだけでなく、地面から吸収する熱を防ぐことができ、植物にもやさしい商品です。シリーズの一部『ベジトラグ ポピー』では、バッグといわれる鉢部分に通気性を保つためのフェルト生地を使い、植物が育ちやすい環境を整えております。自然とともにいきることを推奨する、人と環境にやさしい商品となりました。

●当社が目指す姿
ガーデニング・エクステリア用品に特化した当社が実現したいのは「ガーデンセラピー」による社会貢献です。園芸療法は認知症の予防などにも効果があると言われ、健康に良い影響をもたらすことは医学的に証明されています。

ヨーロッパでは国が推奨する取り組みにもなっています。人間が本能的に持つ「癒されたい」「リラックスしたい」という気持ちにお応えする商品を提供することで、人々の暮らしをより良いものにしていきたいと考えています。「自然をたのしむ」「心をおだやかにしたい」といった人間が遺伝子的に持っている部分にもアプローチできるような、ラインナップと対応力を強みに、様々なお客様の「ガーデンライフ」の充実に貢献します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  4. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  3. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  4. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
ページ上部へ戻る