韓国にて国産にこだわる地域密着型の八百屋の現状

 最低気温が氷点下になる2月中旬、小売店舗や直売所を視察するために韓国ソウルを訪問したことから、その調査の一部として、ある地元の八百屋を訪問した内容を紹介する。

白い息を吐きながら一生懸命に呼び込みをしている地元ソウルの八百屋に話をうかがった所、韓国も日本と同様に、農家の高齢化と若者の農業離れが進行し、農業人口が減少している、とのこと。
韓国にて国産にこだわる地域密着型の八百屋の現状
販売商品の多くが、国産にこだわっており、寒さの厳しい韓国では屋外に出されたプラスチック・ダンボール内に陳列された野菜も、ある程度の新鮮さを維持できる。韓国のキムチ商品は豊富にあり、全面にアピールする中で、店奥のブースには醤油や味噌、辛子など日本から輸入された商品も陳列されていた。

韓国にて国産にこだわる地域密着型の八百屋の現状訪問した八百屋では、ブロッコリーが約100円(1,000韓国ウォン)、カボチャは約200円、ピーナッツは一袋が約200円、キノコは1パック約50円と、国産の農産物だが日本と比べて価格は安い。

ただし、売れ残った野菜は次の日も販売され、低温下で長時間放置されているためなのか、決して野菜の品質が良い、というわけではなかった。

 例えば韓国キムチは近年、中国産が大量に流通しているものの、国産キムチにこだわりを持つ品質重視のレストランも存在する。こうしたレストランが存在するからこそ、ソウルの都市部でも地域密着型の八百屋が求められているのだろう。

国産にこだわるレストランのオーナーによると、様々な野菜をキムチにした商品の9割は国産の野菜を使用しており、輸入された冷凍野菜は1割程度。はやり、韓国で生産された野菜の方が明らかに美味しい、という。

 温室ハウスなど施設園芸面積では日本と同じくらい大規模に施設栽培が行われている韓国だが、その面積も徐々に減少しつつある。既存の農業ビジネスは儲からないイメージが強く、若い農業経営者の育成と品質の良い地産地消の野菜を評価できる消費者を教育することが重要であり、直近の課題でもある。

例えばソウル市内では、屋上スペースを利用した地産地消クッキングや植物工場をはじめとする都市型農業の規制緩和を進めている。都市部住民による就農をプロモーションしており、今までとは異なるアプローチにて韓国農業を発展させていく必要があるだろう。

韓国ソウル市による都市型農業計画、2018年までに約1800カ所の農場整備へ
韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
韓国・新たなライフスタイルを求めて都市部住民による就農が2010年の10倍以上に急増
韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  3. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  9. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  10. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る