富士通、ミャンマーの農作物の生産性向上に向け灌漑用水の水位把握の実証を実施

 富士通は、ミャンマーのタウングー(Taungoo)地方において、灌漑用水と河川の水位情報を簡易に管理できる2種類の実証実験を2016年下旬から2017年1月31日にかけて行い、このたび本実証の協力機関であるミャンマー農業畜産灌漑省の灌漑局に対して実証結果を報告しました。
富士通、ミャンマーの農作物の生産性向上に向け灌漑用水の水位把握の実証を実施
 今回の実証では、灌漑施設内や農地の灌漑用水位、および河川の水位を、現場に設置されている水位目盛りから灌漑局の職員以外の農家や現場協力者が目視し、スマートフォンの専用アプリケーションに入力することで、入力時間とGPSなどの情報とともに、灌漑局は各地のリアルタイムな水位を把握することが可能になりました。
これにより、本システムが、誰もが手軽に利用でき、かつ灌漑用水や河川の情報管理に有効であることを確認できました。

 今後、当社は、本システムを活用し、収集された情報を元にした灌漑用水の効率的な配水や河川の氾濫予測へ展開していきます。

■背景
 ミャンマーでは、農業畜産灌漑省の灌漑局が、農作物の生産性向上に向けた灌漑用水の効率的な配水のための灌漑管理、および河川の洪水氾濫の発生検知やそれによる住民や農作物に対する被害を軽減するための河川管理を担当しています。

現在、周辺の住民などの水位情報提供者から電話で通知されたものを灌漑局の職員が紙に記入する形で調査が行われており、情報の正確性やリアルタイム性に欠け、かつ状況を効率的に把握できないといった課題がありました。
また、システム活用を検討するにあたり、ITスキルがなくても簡単に操作でき、維持・運用コストを抑えることも必要でした。

 そこで、今回、当社が開発したスマートフォンのアプリケーションを活用し、灌漑用水や河川の水位情報を簡易に収集でき、正確かつリアルタイムに灌漑局が把握できるかを確認するための実証を行いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  2. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  3. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  4. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
ページ上部へ戻る