ヤンマーと井関農機が協業。既存商品の相互OEM供給・農業ICT分野でも検討

 ヤンマー株式会社と井関農機株式会社は、日本国内の農業機械製品の開発・生産分野での協業を拡大することについて両社基本合意に達した。日本農業は、農家戸数が減少する中、担い手に向けての農地集積、主食米から他作物への転換等、大きく変化してきております。

このような背景から、国内農業機械市場においてはメーカーの販売台数減少が続く一方で、規模拡大を目指す担い手に向けた大型機械から中山間地等小規模区画で根強い需要のある小型機械までの幅広いバリエーションニーズ、機械化が遅れている作物別野菜作機械への多様な開発ニーズに対応する課題にわたしどもは直面しています。

さらに農家の皆様からは、生産資材費低減に向けてのシンプル仕様から労働力不足を背景とした省力化に対応する先端技術を織込んだ自動化仕様等、少量多品種の製品提供を要望されています。

 こうした環境を踏まえ、ヤンマーと井関農機は、日本農業の活性化に向け、競争関係を超えて協力することが必要との共通認識に立ち、両社が持つ開発・生産リソースや技術ノウハウを補完し合うことを基本として、以下の項目に関して国内農業機械製品の開発・生産分野における協業の拡大に取り組んでまいります。

【協業を進める内容】
1.製品の相互OEM供給

[1]縮小する稲作専用製品への対応
稲作市場において需要の減少が著しい中山間地向け小型製品や各種稲作専用製品群において、製品をお互いが補完し合う形で生産し、相互にOEM供給する事で安定した市場供給維持を目指してまいります。

一昨年より籾摺り機や計量選別機の分野で相互OEM供給をスタートさせており、今後も両社間で協議し、品目数を増やしていく予定です。

[2]拡大する畑作野菜作関連製品の充実
拡大する畑作野菜作市場において両社が保有する畑作野菜作製品の相互OEM供給にて品揃えを拡大し、多様化するお客様のニーズに対応してまいります。

現在すでに、お互いが得意とする野菜作関連製品においてヤンマーより井関農機へ野菜収穫機を、井関農機からヤンマーへ野菜移植機のOEM供給をスタートさせています。今後両社における作物毎の野菜作機械の製品ラインアップの充実をはかり、一貫体系を確立していく予定です。

2.製品の共同開発の検討
今後大きく変化する日本市場に対応していくため、それぞれ自社だけの開発・生産では課題が発生する製品については、共同開発により新製品の開発・生産に関わるコスト等の課題解決を図りながら市場供給を実現させ、お客様のニーズにお応えしてまいります。

3.機能性ユニットの共通化拡大
各々が独自で開発・生産を手掛ける製品についても、機能性ユニットを相互供給することで、開発・生産に関わるコスト・負担軽減と効率化を図り、様々なバリエーションニーズに応えてまいります。

4.農業ICT分野における協業
市場のニーズが拡大する農業ICT分野においても、現在両社がそれぞれ研究開発を進めています。今後その普及に関し、機械通信サービス領域における協業を検討してまいります。

その第一弾として、ヤンマーがエンジンやマリン、コージェネレーション分野において培った高度な“GPSと通信端末を搭載したM2M(エム to エム)システム”「スマートアシスト」を井関農機の農業機械用にアレンジしたシステムを井関農機製品に搭載し、お客様にとってより使いやすいサービスを両社で提供してまいります。

 ヤンマーと井関農機の両社は今回の協業拡大により、農業機械という分野において日本農業が抱える様々な課題に柔軟に対応していくとともに、日本農業の発展に貢献すべく、担い手の皆様はもちろんのこと小規模農家、ホビー農家に至るまで全ての農業者の皆様方の期待に応えるソリューション企業となって応援していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  3. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  6. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る