サイエスト、インドのコールドチェーン改革を開始。40%の食品ロス削減へ

 グローバルビジネス専門コンサルティングを行っているサイエスト株式会社は、インドに日本のコールドチェーン(低温流通体系)のシステムを展開するプロジェクトをスタートする。

■プロジェクトスタートの背景
インドは世界有数の農業大国ですが、生鮮食品を生産・輸送・消費の流れの中で途切れることなく低温で流通させるコールドチェーンシステムが整っておらず、不安定な気候が続くことも多いことから農産品のロスが大きな問題となっています。

日本企業では個別に物流技術のインドへの展開を進めていますが、一連のコールドチェーンシステムとしての展開は行っていませんでした。この度は日本の物流業者、冷蔵倉庫運営業者、ゼネコンなど、コールドチェーンの各分野の優れた技術を紹介し、コールドチェーンシステムのインドへの展開を進めることにより、インドで年間約40%も廃棄されている農産品を減らし、両国の経済活動に貢献することを目指します。

■具体的な内容と展開について
インドから物流業、デベロッパー、農産品加工業、政府関係者などの大手企業を10社程度招聘します。日本のコールドチェーンを代表する大手8社を含む、生産・輸送・保管・加工・消費各地の現場視察と情報交換により、ビジネスマッチングとインドへの技術展開機会の創出を促します。
本プロジェクトを通して、インドの流通網を発展させ、生鮮食品の流通拡大および食品ロス問題に取り組み、ひいては日本の農産物が輸出できる環境整備に寄与します。

【サイエスト株式会社 会社概要】
「すべての企業に海外進出のチャンスを」の理念のもと2013年に設立しました。3,000名の海外ビジネス経験豊富なシニア層を『グローバル顧問』として企業に紹介しており、官公庁プロジェクトをはじめ、さまざまな受託および実施事業を積極的に行なっています。農林水産省による「平成28年度食のインフラ輸出に向けた招へい・専門家派遣事業」に採択されました。

会社名 : サイエスト株式会社
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17-69 赤坂フェニックスビル3F
創業  : 2013年5月
代表  : 代表取締役社長 塚崎 義直
資本金 : 1,000万円
事業内容: グローバルビジネスの総合コンサルティングサービス
URL   : http://cyestc.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オランダにて中国版植物工場・日光温室が稼働。アジアの高湿度環境に対応可能な栽培技術を取得へ
     オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  8. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
ページ上部へ戻る