サイエスト、インドのコールドチェーン改革を開始。40%の食品ロス削減へ

 グローバルビジネス専門コンサルティングを行っているサイエスト株式会社は、インドに日本のコールドチェーン(低温流通体系)のシステムを展開するプロジェクトをスタートする。

■プロジェクトスタートの背景
インドは世界有数の農業大国ですが、生鮮食品を生産・輸送・消費の流れの中で途切れることなく低温で流通させるコールドチェーンシステムが整っておらず、不安定な気候が続くことも多いことから農産品のロスが大きな問題となっています。

日本企業では個別に物流技術のインドへの展開を進めていますが、一連のコールドチェーンシステムとしての展開は行っていませんでした。この度は日本の物流業者、冷蔵倉庫運営業者、ゼネコンなど、コールドチェーンの各分野の優れた技術を紹介し、コールドチェーンシステムのインドへの展開を進めることにより、インドで年間約40%も廃棄されている農産品を減らし、両国の経済活動に貢献することを目指します。

■具体的な内容と展開について
インドから物流業、デベロッパー、農産品加工業、政府関係者などの大手企業を10社程度招聘します。日本のコールドチェーンを代表する大手8社を含む、生産・輸送・保管・加工・消費各地の現場視察と情報交換により、ビジネスマッチングとインドへの技術展開機会の創出を促します。
本プロジェクトを通して、インドの流通網を発展させ、生鮮食品の流通拡大および食品ロス問題に取り組み、ひいては日本の農産物が輸出できる環境整備に寄与します。

【サイエスト株式会社 会社概要】
「すべての企業に海外進出のチャンスを」の理念のもと2013年に設立しました。3,000名の海外ビジネス経験豊富なシニア層を『グローバル顧問』として企業に紹介しており、官公庁プロジェクトをはじめ、さまざまな受託および実施事業を積極的に行なっています。農林水産省による「平成28年度食のインフラ輸出に向けた招へい・専門家派遣事業」に採択されました。

会社名 : サイエスト株式会社
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17-69 赤坂フェニックスビル3F
創業  : 2013年5月
代表  : 代表取締役社長 塚崎 義直
資本金 : 1,000万円
事業内容: グローバルビジネスの総合コンサルティングサービス
URL   : http://cyestc.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  7. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  8. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る