スマホを活用し新興国の農家を支える「AGRIBUDDY」が総額73万USドルの資金を調達

 新興国の農家向けの無料ウェブサービスおよび農業資材のクレジット販売を行うAGRIBUDDY LIMITED(本社:香港)は、株式会社iSGSインベストメントワークスを中心とする法人、ファンド及び加藤 順彦氏ら個人投資家を引受先とし、総額73万USドルの第三者割当増資を実施した。

「AGRIBUDDY」サイト: http://agribuddy.com

AGRIBUDDYは今回の資金調達により、現在開発中のプロダクト及びシステムの開発、またグローバルマーケットで活躍できるトップ人材の獲得を進め、さらなるサービスの価値向上を進めて参ります。

【主な引受先の会社概要】
<株式会社iSGSインベストメントワークス>
所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル
代表 :代表取締役 五嶋 一人
設立 :2016年6月1日

【「AGRIBUDDY」とは】
未だインターネットにつながっていないフロンティア、“Next 5 Billion(次の50億人)”の大半を占める人々が暮らす新興国の農村の人々(新興国農家)が、AGRIBUDDYアプリをダウンロードしたスマホを使って農地や作物の登録をするだけで、自動的に収入や支出のパターンやタイミング・金額の試算を行います。

ユーザー農家がガイドラインに従ってアプリを使用すると、AGRIBUDDY独自のクレジットスコアリング機能によって、銀行などの金融機関から農業資材購入のためのクレジット枠が設定されるサービスも行っています。

AGRIBUDDYは各農村で活動するエージェント「BUDDY」を中心に、スマホを持たずインターネットにつながっていない人々へのリーチとデータ収集を可能にし、オンラインとオフラインのハイブリット型エコシステムの構築を行っています。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。