JR東日本「地域再発見プロジェクト」で仙台市に農業会社などを設立

 JR東日本グループでは、2009年に立ち上げた「地域再発見プロジェクト」の一環で地産品の販路拡大や6次産業化に向けたモノづくりに取り組んでおり、仙台市内において農産物の生産から加工及び販売までを一体的に展開する農業新会社を地域農業者等と共同で設立し、今春から生産・営業を開始する。
JR東日本「地域再発見プロジェクト」で仙台市に農業会社などを設立
また、これまで連携を深めた地域の生産者・加工者等を対象に、エキナカ・駅ビル等で実施したモノづくりやコトづくりの優れた取組みに対する表彰「JR東日本『のもの』アワード」を創設します。

1. 仙台市における農業新会社の設立について
 当社とJR東日本東北総合サービス(株)は、地域農業者等との共同出資により設立する新会社を通じて、農産物の生産を行うほか、加工品開発による農産物の付加価値向上や農産物の更なる販路拡大を推進し、農業の発展を目指します。

(1)新会社の概要
〇商号:株式会社JRアグリ仙台
〇所在地:宮城県仙台市
〇設立日:2017年1月27日(金)
〇代表者:代表取締役社長 笠原治
〇資本金等:12百万円
〇株主構成:地域農業者等 60.1%
 JR東日本東北総合サービス(株)23.2%
 当社 16.7%
※一般法人として設立し、準備が整い次第、必要な手続きを行い農地所有適格法人となる予定。

(2)主な事業内容
〇生産事業:耕作面積約80aでのリーフレタス・にんじん・ねぎ・主食用米等の生産
※将来的に付加価値や希少性のある農産物を生産し、ブランド農産物の育成を目指します。
〇加工事業:オリジナル商品の企画・開発
〇販売事業:仙台エリアでの農産物直売所の運営及びレストランやマルシェへの農産物の供給、首都圏エリアでの産直市の運営

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。