サンパワー、太陽光発電を利用したLED植物工場の一般向け分譲販売(一区画270万円から)

太陽光発電と植物工場を手掛ける、株式会社サンパワーは、太陽光発電を利用したLED植物工場(茨城県石岡)を2017年2月7日より一区画270万円にて分譲販売を開始する。大きな特徴は太陽光発電の売電でLED電力と設置場所のランニングコストを大幅に軽減した植物工場となっている。
サンパワー、太陽光発電を利用したLED植物工場の一般向け分譲販売(一区画270万円から)
(1)植物工場のデメリットを太陽光発電で軽減
・太陽光パネルを空中に上げ、その下に植物工場を設置し賃料を軽減
・太陽光発電による電力供給でLED電力の電気代を軽減

(2)太陽光発電+LED+植物工場のメリット
・太陽光発電の売電による利益
・ご家庭の食卓に安定した高機能野菜を
・ご契約者様への収穫した野菜の運送方法
・野菜の販売ルートもお手伝い
・植物工場の管理(遠方からインターネットでも確認できます)

2.特長
タイプ  完全制御型植物工場
場所   茨城県石岡市。売電価格1kw36円
販売価格 一口270万円
募集   80区画

商品内容
・太陽光パネル500平米(共用部含む)
・植物工場1区画 棚数6列(15m)×3段
・植物工場の管理(遠方からインターネットでも確認できます)
・ご契約者様への収穫した野菜の運送付
・野菜の販売ルート付

収穫できる主な野菜
フリルレタス、クレソン、レタス、スイートバジル、グリーンリーフ、ロメインレタス、からし水菜

3.ご利用例
(1)ファミリー向け

・高機能野菜を20年間安定してご家庭の食卓に
・ご家庭の野菜代を軽減
・収穫した野菜を販売して利益を

(2)飲食店向け
・食材の高機能野菜化
・安定した食材の確保と食材費の軽減
・店舗に植物工場が不要
・店舗での高機能野菜の販売

4.太陽光発電+LED+植物工場の特長
(1)完全制御型植物工場について
完全に制御された環境、すなわち人工的光源、各種空調設備、養液培養による生産を行う植物工場。

(2)植物工場と高機能野菜について
(安定供給)
気象変動の影響を受けることがなく、病原菌や害虫の被害にあうこともないため、凶作がなく一定の量、形や味、栄養素などの品質が安定

(無農薬による安全性)
病原菌や害虫の侵入がないため、それらを予防・駆除するための農薬の散布も不要細菌数が少なく、土等の付着もないため、洗浄せずに、あるいは簡易な洗浄のみで食べることができ、手間や水道費の削減が可能

(植物の最適な環境)
光の強さや日長、温度や湿度、培養液成分や二酸化炭素濃度をコントロールすることで、その植物の生育にとって最適な環境を作り出す

(土地の高度利用)
その時々の植物の大きさにあわせて苗を移動させることにより、最大限の密度での栽培が可能

(3)茨城県石岡市について
石岡市の売電価格は1kw36円。※売電価格は契約時に確定、以後減少する事はありません。生産性向上税制による半額償却が出来るのは今回のみです。

(4)欠点となる高額の生産費用を太陽光売電などで軽減
・工場を設置するためには、各種設備をそろえる必要があり、高額の初期投資が必要である。
→今回はこれを分譲とする形で一般向けにも販売可能となった

・生産に要する光熱費などの費用も相当額に上る。
(植物の育成のための光源(高圧ナトリウムランプ、蛍光灯、発光ダイオードなど)の電力費光源から発生する熱の冷却、その他適温の維持のための空調費など。)
→今回はこれを太陽光発電を利用する事で軽減

・LEDの導入
→植物の育成に特化した高演色LEDを導入され、熱と光熱費の問題を大幅に改善。

【株式会社サンパワーについて】
本サービス: http://www.sunpower.co.jp/press1/
株式会社サンパワーのHP: http://www.sunpower.co.jp/
facebookページ: https://www.facebook.com/sunpower.eco/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  2. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る