トプコン、標定点がいらないドローンによる測量システムを開発

植物工場IT活用事例セミナー

 株式会社トプコンは、トータルステーションでドローンを自動追尾することで、空中写真測量の大幅な省力化を実現するシステムを開発した。
国土交通省は「生産性革命プロジェクト」のもと、建設現場の生産性や品質、安全性の向上を目指し、3次元データの活用やICT建機による自動化施工など「i-Construction」の義務化を進めています。

これに伴い、「i-Construction」仕様の土木工事において、様々な測量作業でドローン(無人航空機)が活用され始めています。
トプコン、標定点がいらないドローンによる測量システムを開発
ドローンによる空中写真測量では、空中から撮影した写真を解析することで、工事現場の地形を3次元モデル化することが容易です。

しかしながら、従来の方法では、撮影するカメラの3次元位置を測定するために多数の標定点を地上に設置して写真に写しこむ必要があり、この標定点を設置する作業は熟練と経験を要するだけでなく、工事の進捗とともに設置や撤去を繰り返し行う必要があるという、作業効率の点で大きな課題となっています。

当社の提供する自動追尾型トータルステーションは、世界中の建設現場での測量・測設作業には欠かせない最も信頼できるツールとして活躍しています。

この度当社では、トータルステーションにより、ドローンの飛行経路を自動追尾することで、標定点を設置することなく、撮影カメラの精密な3次元位置を測定する世界初のシステムを開発しました。

※ 標定点とは、撮影時のカメラの位置や姿勢、隣り合う写真の相互関係、写真と撮影地域の3次元座標系との対応を求めるために用いる、地上に設置した基準点のこと。