IoTを活用した米びつセンターを”無料レンタル” 精米仕立てのお米をタイムリーにお届けする米ライフ先行予約開始

 米ライフ株式会社は、IoTを活用したお米の配送サービス米ライフの先行予約サイトを公開した。本サービスにより、米びつからお米が無くなる前に皆さまにお知らせし、お米を最も美味しい状態に保つ低温倉庫から、いつでも精米したてのお米をお届けすることが可能になる。

米びつセンサーとは
“米びつ”のお米が少なくなると、皆さまのスマートフォンに自動でお知らせいたします。弊社スマートフォンアプリの“米ライフDash”と併用いただくことで、お米の買い忘れをなくし、いつでも精米したての新鮮なお米を召し上がっていただけます。
IoTを活用した米びつセンターを"無料レンタル" 精米仕立てのお米をタイムリーにお届けする米ライフ先行予約開始
弊社ティザーサイトにより無料レンタルの先行予約を受け付けております。
※電池切れの場合は無償で交換致します。3kg/3ヶ月以下のご注文の場合、返却もしくは別途料金が発生いたします。詳細は弊社ホームページまでお問い合わせください。
WEBサイト https://peraichi.com/landing_pages/view/mylife12

米ライフDashアプリとは
弊社が厳選した、農家さんの美味しいお米をご購買いただけるスマートフォンアプリです。
ご自宅やご勤務先に設置している“米びつセンサー”と連動させることで、お米が無くなる前に皆さまにお知らせし、お米を最も美味しい状態に保つ低温倉庫から、精米したてのお米をお届けいたします。お米の注文は3kg、5kg、10kgから包装対応。

米ライフのお米とは
農家さんのこだわりを感じるお米です。一般的に、既存のお米は産地ごとにブレントされ、皆様の食卓にのぼります。
しかし、農家さんの工夫やこだわりによって、同じ産地・品種のお米であっても、味は全く違うのです。米ライフ代表は、元々農業を営んでおりました。その経験を活かし、自ら産地まで足を運び、信頼出来るお米をお届けいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  8. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る