住友商事、農業用殺菌剤メトミノストロビンの日本国内における事業権を買収

 住友商事株式会社は、100パーセント子会社の住商アグロインターナショナル株式会社を通じ、バイエルクロップサイエンス株式会社(バイエル社)が保有する、農業用殺菌剤「メトミノストロビン」の日本国内における事業権を買収した。
住友商事、農業用殺菌剤メトミノストロビンの日本国内における事業権を買収
世界の穀物生産量は1970年に比べ約2倍の水準にまで増加しましたが、2050年頃に予想される食料需要を賄うには、現在の穀物生産量をさらに倍にする必要があるとの見方もあります。
穀物生産量を増やすためには、農地面積だけでなく収量を増やすことが必須であり、農作物を病害虫から守る農薬がより 重要な役割を果たすこととなります。

メトミノストロビンは、日本においては水稲向けとして使用されている殺菌剤です。本剤は水面施用(注1)により、根からの速やかな吸収と長い持続効果を有する事が特徴であり、イネに発生する主要な病気である「いもち病」や「紋枯病」などに高い予防・治療効果を有します。
汎用性が高く、日本以外の地域では主に大豆に使用されており、食料需要の高まりを背景として、取扱量は増加傾向にあります。

住商アグロでは2014年4月にメトミノストロビンの日本を除く全世界の事業権をバイエル社から買収しており、今回、全世界での事業権を住商アグロが保有することとなります。住商アグロは、メトミノストロビンと他剤との混合剤を開発することで、果樹・野菜向けにも適用拡大を図り、2020年には全世界で数十億円規模の売上を目指します。

住友商事グループの農薬事業は、1970年代の日本メーカーの農薬輸出トレードに始まりました。現在では世界30ヶ国以上で農薬輸入販売会社を有し、バリューチェーンの深化を通じて各国農業の生産性向上・効率化に貢献しています。住商アグロではメトミノストロビンを、このグループ販売網を最大限活用して 販売普及してまいります。

(注1)水面施用:水田の水中や水面に薬剤を散布する方法のこと。

【住商アグロインターナショナル社概要】
・所在地 : 東京都中央区晴海一丁目8番12号 晴海トリトンスクエアオフィスタワーZ棟23階
・取締役社長 : 三木幸彦
・事業内容 : 農業用資材及び家庭用防疫薬の輸出・輸入・国内販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  9. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  10. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  3. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  4. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
ページ上部へ戻る