10年後の未来のスーパーマーケットとは?課題解決型企画展示イベントを2/15より開催

 食品スーパーマーケット業界の地位向上や業界発展に寄与する一般社団法人新日本スーパーマーケット協会は2月15日より3日間、第51回スーパーマーケット・トレードショー2017の特別企画展として、スーパーマーケットの未来を考える課題解決型企画展示「Future Store “NOW”2017」を、幕張メッセ6ホールにて初開催する。

Future Store “NOW” は、少子高齢化・人口減・人手不足等、社会環境の変化に対し、活気あふれる人や街づくりのサポートに重要な「スーパーマーケットの未来」を、小売業と関連事業者が共に議論し、中長期的かつ継続的に研究し、展示会やウェブを通じて情報提供するプロジェクトです。

本展示会では プロジェクトの研究成果として「人に近づき、寄り添う」をテーマに、マーケットや雇用環境の変化・法制度変更などから読み解く、10年後に向けての取り組み指針をご提案いたします。11社・団体、32小間の出展者によるソリューションの紹介と、主催者企画によるパネル展示を実施。また専門性の高い10のセミナーステージプログラムを予定しています。

【開催概要】
◆名称:Future Store “NOW”2017(フューチャーストアナウ2017)
※Future Store “NOW” は、スーパーマーケット・トレードショー2017の特別企画展です。

◆会 期:2017 年 2 月 15 日(水)・16 日(木)・17 日(金)
10:00~17:00 ※最終日は 16:00 まで

◆会 場:幕張メッセ 全館

◆主 催:一般社団法人新日本スーパーマーケット協会

◆公式ウェブサイト: http://fs-n.net/

◆協賛:
(株)アイ・グリッド・ソリューションズ/(株)イシダ/(株)インテージ/ AIU損害保険(株)/(株)オールアバウトライフマーケティング/(株)寺岡精工/福島工業(株)/富士通(株)/リコージャパン(株)〈50 音順〉

◆協力:(株)商業界/(株)フードナビゲーションジャパン/(株)流通ジャーナル〈50音順〉

◆入場料:5,000 円(消費税込み)
※業界関係者のみ・招待券持参者は無料・18歳未満入場不可

【主催者企画】
◆近未来スーパーマーケット研究企画展示

「人に近づき、寄り添う」をテーマに、アンケートや統計データを元にした近未来のスーパーマーケットのあり方を、パネル展示と青果売り場での具体的な展開例でご提案します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  5. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
ページ上部へ戻る